サイトメニューここからこのページの先頭です
このページの本文へ移動
小山市
サイトマップ 検索の使い方
  • 暮らしのガイド
  • 施設案内
  • イベント・観光情報
  • 行政情報

サイトメニューここまで

本文ここから

開運のまち おやま

更新日:2016年9月16日

徳川家康 ― すべては小山評定から始まった ―

〜小山を全国に発信します〜

 平成17年に人口が16万人を突破し、県内第二の都市となった躍進著しい小山市は、「水と緑と大地」の豊かな自然環境に恵まれています。こうした環境から、この大地には古くから人々が集い、暮らし、魅力的な歴史を育んできました。7ヶ所もの国指定史跡があるのは、小山市が指折りの歴史のあるまちであることを示すものと言えるでしょう。
 そして、このことは日本の行く末を決定付けた二つの史実が物語っています。

市指定史跡 小山評定跡
市指定史跡 小山評定跡

野木宮(のぎのみや)の合戦

 第一は、鎌倉幕府の成立に道筋をつけた「野木宮の合戦」です。
 平安時代中期の「平将門の乱」を鎮めた藤原秀郷から七代の子孫に当る政光が、12世紀の中頃に「小山」を名乗り、関東の雄、小山氏の歴史が始まりました。小山氏は政光の妻・寒川尼が源頼朝の乳母であったよしみにより、いち早く頼朝方に参陣しましたが、関東の有力武士団小山氏の源氏方への参陣は、関東武士団の源氏方参陣への大きな流れをつくるものでした。
 寿永2年(1183)、頼朝に立ちはだかった常陸国(茨城県)の志田義広(頼朝の叔父)を政光の子朝政が野木宮で迎え撃ち、これを敗走させました。この戦いは、関東に残る反頼朝勢力を消滅させ、頼朝は関東の地盤を磐石にし、勇躍西上し、平家打倒に向かわせる節目となった重要な一戦でした。それはまさに、鎌倉幕府成立の栄光に道筋をつけた、「開運」の戦であったのです。
 寒川尼は文治3年(1187)、頼朝から「大功」ありと賞され、女性ではめずらしい地頭に任命されています。
 この後、小山氏は鎌倉幕府の有力な御家人となり、北関東屈指の武士団として、四百年にわたって栄えることになるのです。国史跡祇園城跡・鷲城跡・中久喜城跡をはじめとして、市内には長福城跡・天翁院・須賀神社など、小山氏ゆかりの史跡が数多くあります。

小山評定(おやまひょうじょう)

 第二は、江戸幕府成立に道筋をつけた小山評定です。
 徳川家康は、慶長5年(1600)7月24日、上杉景勝を討伐するために会津(福島県)に向かっていた途上、下野国小山に本陣を置きました。その時、石田三成挙兵の報が入り、翌25日、急遽家康は本陣に諸将を招集して軍議を開き、「このまま上杉を討つべきか、反転西上して石田を討つべきか」を質したのです。これが世に言う「小山評定」です。家康に従う諸将のほとんどは豊臣家譜代の武将で、大坂に妻子を残してきており、その去就が家康にとっては興亡の境目だったのです。
 このとき、尾張国清洲(愛知県)城主の福島正則が家康のために命を投げ出すことを誓い、続いて遠江国掛川(静岡県)城主の山内一豊が、「家康に城を明け渡してまでもお味方します」と進言しました。一豊らの建議が諸将の気持を動かし、家康支持で固まったのです。家康は特にこの時の一豊の建議を、「古来より最大の功名なり」と激賞しました。
 こうして家康率いる東軍は、石田三成討伐のため西上することに決したのです。

 そして9月15日、美濃国(岐阜県)関ヶ原に東西両軍約20万の大軍が相まみえて天下分け目の一大決戦が行われ、東軍が勝利したのでした。関ヶ原の戦の直接の勝因は西軍小早川秀秋らの土壇場での寝返りでしたが、西軍が当初から足並みが揃わなかったのに対し、東軍は結束しておりました。東軍にこの結束をもたらしたのが「小山評定」でした。
 もし、「小山評定」が無かったならば、東軍は結束することができたでしょうか。このようにして見ると家康が勝利を収めることができたのは関ヶ原の戦であっても、その栄光の道筋は、小山から始まったといっても過言ではないでしょう。
 「天下分け目の関ヶ原の戦」と良く言われておりますが、実は、「天下分け目の小山評定」だったのです。

 徳川三百年の泰平の世は、「水と緑と大地」の豊かな私たちのふるさと、この小山市から始まったと言えるのではないかと思います。まさしく本市は、鎌倉・江戸と二つの幕府成立に栄光の道筋をつけた「開運のまち」と言えるでしょう。
 平成18年のNHK大河ドラマで、山内一豊とその妻千代にスポットをあてた、司馬遼太郎氏原作の『功名が辻』が好評を博しました。
 一豊は「小山評定」での「功名」により、家康から土佐(高知県)一国の国持ち大名に取り立てられました。
 小山は家康にも運を開いただけでなく、一豊と千代にも運を開いたと言えるでしょう。
 今後は、この素晴らしい小山の歴史を小山のブランドとして「開運のまち おやま」を全国に発信していきたいと思っておりますので、皆様にはどうぞよろしくお願いいたします。

お問い合わせ

(一社)小山市観光協会 TEL 0285-30-4772
商業観光課      TEL 0285-22-9273

本文ここまで


以下フッターです。

お問い合わせ

小山市役所

〒323-8686 栃木県小山市中央町1丁目1番1号 電話:0285-23-1111(代表)
Copyright © Oyama City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る