サイトメニューここからこのページの先頭です
このページの本文へ移動
小山市
サイトマップ 検索の使い方
  • 暮らしのガイド
  • 施設案内
  • イベント・観光情報
  • 行政情報

サイトメニューここまで
現在のページ トップページ の中の 暮らしのガイド の中の 環境・エコ の中の 地球温暖化対策 の中の 新エネルギー活用促進制度の紹介について のページです。

本文ここから

新エネルギー活用促進制度の紹介について

更新日:2016年5月23日

廃食用油の回収及びバイオディーゼル燃料の利用促進について

 小山市では「おやま菜の花・バイオプロジェクト推進協議会」を設立し、廃食用油の燃料利用を促進しています。平成22年度は29,370kgの廃食用油を回収し、15台の車両の燃料として活用しました。
 これらの取組みを地域に根付く取組みとしていくためには、廃食用油の回収量は約50,000kg/年以上が必要になり、これに併せて地域で活用して頂ける事業者の方が必要になります。

廃食用油の回収拠点について

 小山市の廃食用油の回収拠点は以下の場所になります。
小山市役所、小山東出張所、大谷公民館、間々田公民館、生井公民館、豊田公民館、中公民館、寒川公民館、桑公民館、絹公民館、たいらや小山本郷店、たいらや小山犬塚店、たいらや間々田店

※拠点回収地点や廃食用油の提供等で協力して頂ける方はご一報下さい。

バイオディーゼル燃料の利用について

 バイオディーゼル燃料は一般車両で使う場合、法律で定められた方法で使うには、軽油に5%混ぜないと使うことができません。小山市では、軽油と混ぜる施設がないため、バイオディーゼル100%で利用することにしており、この場合も、車検証の変更といった手続きが必要となるだけでなく、手続き後はバイオディーゼル燃料しか使えないことになります。このため、一般の方がこういった縛りのある燃料を使うのはリスクがあるため、現在、事業者の方のうち、取組みに賛同している方に協力して頂いています。

※上記の条件を満たす事業者の方で、ご興味がございましたらご一報下さい。

炭化物の利用促進について

 小山市では、市内から発生する間伐材や剪定枝の有効利用を目的に、炭化事業を推進しています。平成22年度は市内事業者が農林水産省の補助金を活用し、炭化炉を導入しました。今後はこの炭化炉にて、市内から発生する木質バイオマスを有効活用する方法を検証していく予定です。

お問い合わせ

環境課
電話:0285-22-9290

本文ここまで


以下フッターです。

お問い合わせ

小山市役所

〒323-8686 栃木県小山市中央町1丁目1番1号 電話:0285-23-1111(代表)
Copyright © Oyama City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る