ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 教育 > 小学校・中学校・義務教育学校 > 小山市教育委員会 > 小山市立小・中学校の調理済み給食の放射能物質測定検査について
地域とともにある学校づくり・コミュニティスクール
学力調査
青少年
人権教育
文化財
小山こどもの森<外部リンク>
小山人権の扉<外部リンク>
小山市立文化センター<外部リンク>

小山市立小・中学校の調理済み給食の放射能物質測定検査について

印刷用ページを表示する更新日:2018年9月19日更新 <外部リンク>

小山市では、学校給食の安心感を高めるため、「調理済み学校給食まるごと」の放射性物質測定検査を実施しています。

検査結果

平成30年9月19日(水曜日)測定

  施設名 検査対象期間 放射性ヨウ素 放射性セシウム
I-131 Cs-134 Cs-137
1

小山城南小学校

平成30年9月10日(月曜日)

平成30年9月14日(月曜日)

不検出
(<0.6)

不検出
(<0.5)

不検出
(<0.5)

2

間々田東小学校
給食共同調理場

不検出
(<0.6)

不検出
(<0.6)

不検出
(<0.6)

平成30年9月18日(火曜日)測定

  施設名 検査対象期間 放射性ヨウ素 放射性セシウム
I-131 Cs-134 Cs-137
1

大谷東小学校

平成30年9月10日(月曜日)

平成30年9月14日(月曜日)

不検出
(<0.6)

不検出
(<0.5)

不検出
(<0.7)

2

大谷学校
給食共同調理場

不検出
(<0.8)

不検出
(<0.5)

不検出
(<0.6)

平成30年9月12日(水曜日)測定

  施設名 検査対象期間 放射性ヨウ素 放射性セシウム
I-131 Cs-134 Cs-137
1

穂積小学校
給食共同調理場

平成30年9月3日(月曜日)

平成30年9月10日(月曜日)

不検出
(<0.7)

不検出
(<0.5)

不検出
(<0.7)

2

小山中央学校
給食共同調理場

不検出
(<0.5)

不検出
(<0.5)

不検出
(<0.6)

平成30年9月11日(火曜日)測定

  施設名 検査対象期間 放射性ヨウ素 放射性セシウム
I-131 Cs-134 Cs-137
1

小山第一小学校
給食共同調理場

平成30年9月3日(月曜日)

平成30年9月10日(月曜日)

不検出
(<0.6)

不検出
(<0.4)

不検出
(<0.5)

2

旭小学校

不検出
(<0.6)

不検出
(<0.6)

不検出
(<0.5)

※1検査結果の<数値は、検査機器の測定下限値を示しています。(参考)測定下限値とは、測定において検出できる最小値であり、放射能の特性として、検体ごとに測定下限値は変動します(測定下限値 1Bq/kg未満)。
※2「不検出」は放射性物質が存在しない、または検出機器の測定下限値未満であることを示しています。
※3学校の給食食材の放射性物質の基準は、国が示す水・食品等の暫定規制値としています。

規格基準(平成24年4月1日~)

規格基準
食品区分 放射性セシウムの基準値
飲料水 10Bq/kg
乳児用食品 50Bq/kg
牛乳 50Bq/kg
一般食品 100Bq/kg


(参考)放射性物質等の関連情報につきましては、以下をご覧ください。
食品中の放射性物質の新たな基準値(厚生労働省)(PDF:456KB)

平成30年度の結果

平成29年度の結果

平成28年度の結果

平成27年度の結果

平成26年度の結果

平成25年度の結果

平成24年度の結果

平成23年度の結果

検査概要

検査対象

小山市立の小・中学校及び共同調理場(22施設)

検査方法

施設ごとに、冷凍保存された調理済給食1週間分をまとめ、ミキサーで攪拌し、ゲルマニウム半導体検出器による精密測定を行います。

検査物質

放射性ヨウ素及び放射性セシウム

検査頻度

施設ごとに、各学期あたり2回程度

検査機関

公益財団法人栃木県保健衛生事業団

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)