ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

おーバスの利用状況と運行補助

印刷用ページを表示する更新日:2018年7月9日更新 <外部リンク>

おーバスの利用状況と運行補助

おーバスは現在、小山市地域公共交通連携計画に基づき路線を再編しております。

平成23年10月に路線バス11路線、デマンドバス5エリアに再編されおおよそ現行の運行体系になりました。

平成28年1月には新小山市民病院の移転開院に伴い再編を実施し、現在は路線バス12路線、デマンドバス5エリアで運行しております。

平成29年度は、下記について再編を実施いたしました。

  • 高岳線、市民病院線等に大型バスを導入
  • 大谷中央線、土塔平成通り線、間々田東西線、市民病院線の便数の増回
  • 土塔平成通り線、間々田東西線、市民病院線のルート変更

平成30年度のおーバスに関する当初予算額は103,743,000円で、小山市全体予算の約0.2%(前年度0.2%)であり、小山市の人口1人あたり(平成30年4月1日人口)の予算額は621円(前年度610円)です。

平成29年度は660,009人(前年度617,692人)の方にご利用いただき、125,833,000円(前年度120,855,734円)が小山市から運行事業者へと補助として支出されています。利用者1回あたりの補助額は191円(前年度196円)です。

運行状況

平成29年度

運行状況 [PDFファイル/219KB]

運行状況(合計) [PDFファイル/50KB]

平成28年度

運行状況 [PDFファイル/219KB]

運行状況(合計) [PDFファイル/50KB]

平成27年度

運行状況 [PDFファイル/141KB]

運行状況(合計) [PDFファイル/50KB]

路線別利用者数

平成29年度 [PDFファイル/35KB]

平成28年度 [PDFファイル/55KB]

平成27年度 [PDFファイル/53KB]

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)