ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

後期高齢者医療保険料について

印刷用ページを表示する更新日:2018年4月1日更新 <外部リンク>

平成30年度の1年間(平成30年4月から平成31年3月まで)の保険料の計算方法は

平成29年中の所得をもとに、所得割額と均等割額の合計で計算します。

  1. 所得割額=(平成29年中の総所得金額等-33万円)×8.54%
  2. 均等割額=43,200円
  3. 1年間の保険料=所得割額+均等割額(最高限度額62万円、100円未満は切り捨て)

※保険料は、栃木県内統一の保険料率により、個人単位で算定・賦課されます。
※保険料率は2年に一度見直されることとなっており、平成30・31年度の2年間は上記の保険料率で保険料を計算します。
※年度の途中で被保険者資格の取得・喪失があった場合は、月割で保険料を計算します。
※平成30年度の1年間の保険料は、7月中旬に加入者全員に通知いたします。

均等割額の軽減

平成29年中の世帯主と被保険者の合計所得が、下記の基準に該当する世帯の被保険者は、均等割額が軽減されます。

  1. 9割軽減:33万円以下で、被保険者全員が年金収入80万円以下(その他各種所得がない場合)
  2. 8.5割軽減:33万円以下(上記以外の場合)
  3. 5割軽減:33万円+(27万5千円×被保険者数)以下
  4. 2割軽減:33万円+(50万円×被保険者数)以下

※昭和28年1月1日以前に生まれた方の公的年金に係る所得については、その所得から15万円を控除した金額で均等割額の軽減を判定します。
※所得のない方(扶養になっている方以外)は、市民税課にて所得のない旨の申告が必要になります。

所得割額の軽減

平成29年中の総所得金額等から基礎控除額(33万円)を差し引いた額が58万円以下(総所得金額等が91万円以下)の被保険者の方は、所得割額が2割軽減されていましたが、その軽減がなくなります。(平成29年度までは所得割額の2割が軽減されました。)

社会保険の被扶養者だった方の保険料は

いままで社会保険の被扶養者で保険料の負担がなかった方は、所得割額がかからず、原則として加入から2年間は均等割額の5割が軽減されます。(平成29年度までは均等割額の7割が軽減されました。)
なお、世帯主及び被保険者の合計所得が均等割額9割軽減または8.5割軽減に該当する場合は、軽減割合のより大きい判定が優先されます。

保険料の納めかたは

年金からの差し引き(特別徴収)

1年間に18万円以上(月額1万5千円以上)の年金を受給している方は、6回の年金定期支払い(4月・6月・8月・10月・12月・2月)の際に、保険料をあらかじめ差し引かせていただきます。

仮徴収(4月・6月・8月)

1年間の保険料が決まるまでの間、暫定的に2月と同じ金額を、4月・6月・8月の3回の年金から差し引きます。

本徴収(10月・12月・2月)

1年間の保険料が決まりましたら、仮徴収により納めた分を引いた残りの金額を、10月・12月・2月の3回で分けて差し引きます。1回の年金から差し引く金額が変わる場合は、通常は10月から変わることになります。
※後期高齢者医療保険料と介護保険料の合計が、年金の半分をこえてしまう場合は、納付書または口座振替での納付となります。
 

納付書または口座振替(普通徴収)

1年間に18万円未満(月額1万5千円未満)の年金を受給している方、または、年金を受給されていない方は、納付書または口座振替により、7月から翌年2月までの8回でのお支払いとなります。
 

普通徴収から特別徴収への切り替え

年金受給額が年額18万円以上であっても、年度の途中で75歳になった方や、年度の途中で他の市区町村から小山市へ転入された方などは、年金からの差し引きに切り替わるまで、納付書または口座振替でのお支払いになります。

※特別徴収への切り替えは、翌年度の4・6・8・10月のいずれかの月からとなります。
※納めかたが変わる場合は、随時お知らせいたします。
※10月から特別徴収開始の場合、半年分を納付書または口座振替で3回(7・8・9月)、残り半年分を年金からの差し引きで3回(10・12・2月)の、合計6回で納めることになります。

年金からの差し引きを口座振替に変更できます

年金からの差し引きを希望されない場合、口座振替で保険料を納めることができます。
「口座振替依頼書」と「納付方法変更申出書」の提出が必要になりますので、ご希望の方は、市民税課(電話:0285-22-9426)まで、ご連絡ください。必要書類をお送りいたします。
※年金からの差し引きをご希望の場合は、特に手続きは必要ありません。
※今まで国民健康保険税を口座振替でお支払いされていた方も、あらたに後期高齢者医療保険料の口座振替の手続きが必要になりますので、ご注意ください。

保険料の減免について

災害や生活困窮などにより、保険料を納めることが困難なときは、申請により保険料が減免される場合があります。納期限(のうきげん)の日まで(年金からの差し引きの場合は、直近の支払日まで)に、市民税課窓口に減免の申請をしてください。栃木県後期高齢者医療広域連合にて調査のうえ、減免の要否を決定します。

後期高齢者医療保険料納付(納入)額決定通知書の見方

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)