ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

おやまイクボス合同宣言

印刷用ページを表示する更新日:2018年10月31日更新 <外部リンク>

おやまイクボス合同宣言を行いました。

平成30年10月9日(火曜日)に、「-未来を拓くキャリアデザイン塾- トップセミナー」を開催し、その中で、おやまイクボス合同宣言を行いました。長時間労働などこれまでの労働慣行を見直すとともに、部下のワーク・ライフ・バランスの推進や女性の活躍、男性の家事・育児参画に対する事業所のトップの理解を深めるため、「イクボス」の趣旨に賛同いただいた小山市内の事業所等40組織と小山市で行いました

イクボスとは・・・

 私生活で育児や介護をする部下を、ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)を考えながら応援する上司や経営者のことです。そして、業績の成果を出し続け、自分自身も仕事を私生活を楽しみ、充実させることのできる人のことです。

イクボス10か条

 

おやまイクボス合同宣言の様子

集合写真

               イクボス合同宣言集合写真

 

宣言文朗読宣言文朗読2

          おやまイクボス合同宣言朗読

 

宣言事業所等を代表して、イオンリテール株式会社イオン小山店長の佐々木まゆみさんに代表朗読をいただき、

ご出席いただいた事業所代表者の方々と合同で宣言しました。

 

 

おやまイクボス合同宣言事業所 41組織 (50音順)

「おやまイクボス合同宣言」を行った各事業所について紹介します!

 

 
企業名 役職 代表者 事業所紹介 事業所PR ワーク・ライフ・バランス推進のための取組

アクリーグ

株式会社

代表取締役

社長

磯山 左門 昭和55年に創業以来一貫して行政事務のサポーターとして、関東地区を中心とする地方自治体の固定資産税、公有財産管理、農業振興、都市計画等に関する業務、ソフト開発を行う。正規雇用機会の少ない一人親の在宅ワークを支援する事業も行い、女性の活躍を実務スキルアップと対価報酬で応援している。また、テレワーク制度を積極的に取り入れ、対象者を決めて運用するなど、仕事と家庭の両立を図れるよう職場環境の改善をしています。「とちぎ女性活躍応援団」の登録、日本健康会議による「健康経営優良法人認定」、「とちぎ健康経営宣言」をしている。平成30年小山市ワーク・ライフ・バランス推進認定事業者。 地方自治体をターゲットとして、様々な課の業務をIoT/ICTスキルを用いて解決。電子地図と様々な情報を結びつけて提供するサービスで、行政課題解決のための提案活動を行い、行政資産の効率かつ高度活用に貢献します。

・社として健康経営を掲げ、日本健康会議より健康経営優良法人2018の認定を取得。

・ウォーキングイベントの開催。社内パソコン22時以降自動シャットダウン。

・定時退社日とプレミアムフライデーの実施。

・社内外の研修制度でキャリア向上。

株式会社

足利銀行

小山支店

支店長 橋本 忠 明治28年創業の地域と共に生きる開かれた銀行として健全な経営を目指しており、小山市とは平成28年5月に連携協定を締結し、地域に密着した取り組みを行っている。平成26年に「女性活躍」推進に向けた人事制度の一部改正を行い、女性が高いモチベーションを維持し、安心して長く勤務できる職場環境の整備、女性が着実に上位職を目指す意識の醸成、組織・風土作りなどの促進を図っている。平成27年小山市ワーク・ライフ・バランス推進認定事業者。 足利銀行は地域のリーディングバンクの一員として、地域社会のすべての人々の「豊かさの創造に寄与する」ことを存在意義として、皆さまのご期待にお答えできるよう全力を尽くしてまいります。

・法令以上の育児、介護休暇制度が整備され、より柔軟な年次休暇取得のために「半日休暇」を導入。円滑な職場復帰に向けた復職支援研修を実施。

・女性の活躍推進の一環として女性行員対象の「めぶき女性塾」を開講。

株式会社

荒川電気工業

代表取締役 荒川 政昭 昭和27年創業以来、電気工事を主としたインフラ整備の一翼を担って地域文化に貢献してきた。公共施設・学校・病院などの電気設備・消防設備・放送設備工事、区画整理事業の電線管布設工事を手がけている。 男性・女性に関係なく、資格取得を積極的に促進し、報償制度を設けています。 ・申告制度を導入して、資格取得・通院等に対して休暇制度を設けている。

イオンリテール

株式会社

イオン小山店

店長 佐々木 まゆみ 全国に400店舗を展開する小売業。高齢者や単身世帯の増加、働く女性の増加など、目まぐるしく変化するライフスタイルや価値観の多様化に伴い、それぞれの地域にあった品揃えやサービスを可能とし、に合った真の地域密着経営を実現していく。平成25年小山市ワーク・ライフ・バランス推進認定事業者。 イオングループは「管理職のイクボス化」を今年のグループ人事政策の1つに掲げております。 ・今年度よりイオンリテールの経営幹部・管理職対象にダイバーシティ推進労務管理基礎知識習得のため研修を実施しております。

株式会社

板橋組

代表取締役 齊藤 純夫 昭和10年の創業以来、80余年にわたり数々の土木・建設工事に携わり、栃木県内有数の総合建設企業に成長してる。建設業の高齢化に伴う人材不足を見据えながら、トップダウンで積極的に女性技術者や若年技術者を採用して多様な人材、女性が活躍できる労働環境の改善に取り組む。「とちぎ女性活躍応援団」、「栃木県いい仕事いい家庭つぎつぎとちぎ宣言」の登録をしている。平成30年小山市ワーク・ライフ・バランス推進認定事業者。 昭和10年に創業して83年になります総合建設業です。公共・民間での建築・土木・舗装の元請工事を中心に施工をしております。地域のみなさまのために優しい街づくりを目指します。地域密着型の建設会社です。

・育児休暇制度を整備して、妊娠中の時短、休業中の社員が円満に復帰できるように社員と面接・相談体制を整えています。

・入社後も社員と面談をしながらキャリア支援を行っています。

・資格取得支援制度として、研修費用や受験費用を補填して社員の技能向上の支援をしています。

株式会社

イトーヨーカ堂

小山店

店長 渋木 一義 全国に166店舗を展開する小売業。お客様や社会のみなさまの声に謙虚に耳を傾け、商品・サービス・店舗など、すべてにわたって楽しさや快適さをお届けできるよう、革新に挑み続ける。「イトーヨーカドーがあって良かった」と認めていただける新たなスーパーの創造に向かって取り組んでいく。平成26年小山市ワーク・ライフ・バランス推進認定事業者。 衣料品・住まいの品・食料品の総合的な販売業

・育児・介護支援制度「リ・チャレンジプラン」の推進

・生産性向上による長時間労働の防止

・年次有給休暇の取得促進

いなば建設

株式会社

代表取締役 岸 辰明 昭和48年創業。小山市を拠点とした土木工事業を専門とした建設会社。顧客ニーズに即した構造物の提供及び環境保全を優先した事業活動を通じ、時代に、地域に必要とされる企業を目指す。平成28年小山市ワーク・ライフ・バランス推進認定事業者。 顧客ニーズに即した構造物の提供及び環境保全を優先した事業活動を通じ、時代に、地域に必要とされる企業を目指します。

・育児・介護等で必要な場合は、フレックス対応を取っている。

・知識・資格取得のため、費用は会社が全額負担している。

・地域ボランティア活動に積極的に参加している。

・インフルエンザ予防接種を会社負担で実施している。

・高校生のインターンシップに協力している。

小山市

美田商工会

会長 大森 順一 商工業の総合的な改善・発展を図り、あわせて福祉の増進に役立つことを目的とし、商店や工場の経営者みなさまの金融・税務・経営・労務等に関するあらゆる相談に応える。また、商工会には、青年部・女性部・商業部会・建設部会・青色申告部会が設置され、その行動力と清新な創意工夫により、地域社会発展のため活動している。 地元の商工業者の為の経営支援を行っています。仕事のことで困ったことがありましたら、商工会までご相談ください。

・職員が働きやすい環境づくりを推進するため、育休・産休を含め有給休暇の取得を推奨、無駄な残業時間を無くすよう努めています。

・男女問わず職員本人が有利になる資格は積極的に取得させています。

小山商工

会議所

会頭 大森 武男 小山商工会議所は、小山市中心部をはじめ管内の企業の6割で構成される地域総合経済団体。行政への商工業者の意見提言や、地元経済の福祉の増進に努める。企業のやる気を応援し、ニュービジネス展開や創業及び人材育成に伴走型の支援を展開していく。その為、経営指導員・支援員を中心とした巡回・窓口相談を強化していく。 地域総合経済団体として、商工業の改善発達、社会福祉の増進、経済調査、政策の具申、取引斡旋を行っております。

・育児・介護休業等に関する制度がある。

・職場環境の改善として、ノー残業デーやプレミアムフライデーを導入している。

・健康管理の一環として、乳がん検診等の受診補助をしている。

有限会社

関東実行センター

代表取締役 山本 久一 昭和45年創業。一般・産業は意義物業務、下水道の清掃業務及び施設管理の業務委託を通じて社会的使命を自覚し、地球環境の保全が人類共通の重要課題のひとつであることを認識し、「環境の保全に努め、環境に優しい企業活動を行うこと」を基本理念としている。また、地域貢献活動にも積極的に取り組んでいる。 私たちは、地域社会のみなさまが、より住みやすく、安心・安全な生活を送ることができる環境づくりのために、日々、一人ひとりの人材育成と、コンプライアンスを遵守した、サービスの向上に努めます。また、多様化するニーズに対応するために、お客様とのコミュニケーションを重視し、地域一番の信頼感を提供することで、社会の発展と、未来の子どもたちへの"夢"づくりに貢献する企業を目指します。

・育児休暇、介護休暇が法定日数よりも長くとることができる制度があります。

・35歳以上のものについては、協会健保の生活習慣病予防健診を受診させており、胃・肺・大腸がん検診も実施し、費用はすべて会社負担で行っております。

・健康管理のためラジオ体操を行い、地域への貢献活動として会社周辺の清掃活動も毎朝実施しております。

桑絹商工会 会長 曽篠 貞男 商工業の総合的な改善・発展を図り、あわせて福祉の増進に役立つことを目的とし、商店や工場の経営者みなさまの金融・税務・経営・労務等に関するあらゆる相談に応える。また、商工会には、青年部・女性部・商業部会・建設部会・青色申告部会が設置され、その行動力と清新な創意工夫により、地域社会発展のため活動している。 商工会は小規模事業主の皆さんの「売上向上」「利益確保」を支援します。

・年5日(2人以上の場合は10日)を超える看護・介護休暇制度がある。

・正規・非正規従業員の健康維持の取組を行っている。

・昇進・昇格試験の受験を女性にも積極的に奨励している。

・地域の新入学生に交通安全のマスコットを贈る活動をしている。

鯉沼工業

株式会社

代表取締役 鯉沼 利勝 土木建築工事、舗装工事など様々な事業を行う。法令以上の休暇制度があり、休暇を取得しやすい職場環境を整えている。また、地域貢献活動にも積極的に取り組んでいる。 私たちの会社は、育児休暇・介護休暇制度を充実することにより、生活と仕事の両立を図ることで仕事に集中できる環境が整っております。また、資格取得に興味がある社員は、仕事に必要な資格であれば、会社が負担する制度も設けています。

・男女ともに法令以上の休暇制度があり、男性従業員、女性従業員ともに休暇を取得しやすい職場環境である。

・会社として必要な資格であれば、資格取得の費用を全額負担する。

・インターンシップの受入れ、愛ロード・愛リバー・緑と明かりの里親など、地域貢献活動に取り組む。

株式会社

小松製作所

小山工場

工場長 寺田 浩之 大正6年小松鉄工所として開設し、大正10年株式会社小松製作所を設立。小松小山工場では、建設機械、鉱山機械等の心臓部である「ディーゼルエンジン」、筋肉となる「油圧機器」、そしてエンジンのパワーをタイヤに伝える「アクスル(車軸)」の研究開発から生産までを一貫して行っている。女性活躍推進に優れた企業として「平成29年なでしこ銘柄」に選定される。平成26年小山市ワーク・ライフ・バランス推進認定事業者。 コマツ小山工場では、建設機械の主要コンポーネント部品(エンジン、油圧機器、アクスル)を生産しています。 ・総実労働時間短縮に向けて年休取得活動の推進や魅力ある働きやすい工場づくりの一環として事業所内に託児所を設置するなど取組を進めています。

坂本工業

株式会社

代表取締役 坂本 喜代子 昭和42年に創業。土木建築の請負、解体工事請負、舗装工事などを主な業務としている。管理監督職の33%が女性であり、市内の建設業の中では唯一女性が代表者となっている。
職場環境に関しては、子育てをはじめ女性が働きやすい職場づくりを目指し、仕事と子育て・介護・地域活動への参加などを両立しながら頑張っている全社員を全力で応援している。平成30年小山市ワーク・ライフ・バランス推進認定事業者。
解体・土工・舗装工事を行う会社です。みなさまの日々の安心を守るため、社員一同頑張り、地域の発展のために貢献しております。

男性が多いため、パパが子育てに積極的に参加すること、地域活動に積極的に参加することを推進しております。

社会福祉法人

桜美会

さくら保育園

理事長 小井 文雄 平成3年に認可外保育園として設立、平成13年に認可を受けた小山市羽川にある保育園。生後3ヶ月から預けることができ、病後児保育も行っている。保育園の他に、小山市の子育て支援総合センターの子育て広場や学童保育等の運営を行い、広く子育て支援に取り組んでいる事業所である。また、栃木県の「とちぎ働きやすい企業」の「従業員の子育てに積極的に配慮する企業」として、さくら保育園の取組について紹介されている。平成29年小山市ワーク・ライフ・バランス推進認定事業者。 清潔で安心安全な職場環境づくりと“笑顔がいちばん”をモットーに日々明るく活気ある保育環境づくりを目指しています。

・職員の子育て、介護に即した多様な勤務パターン(現状9パターン)の時差出勤の実施。

・職員のこどもの入所を承認し、こどもと共に出勤できる体制づくり。

・業務の効率化による時間勤務の抑制と有給休暇取得の促進。

株式会社

サロン・ド・サセ

代表取締役 佐瀬 英夫 1912年の創業以来、3代に渡り「サセでときめきと感動を共に」を経営理念として営業している。社員は、宝石・時計の販売を通して、お客様及び取引先とのより良き人間関係づくりを目指す。平成25年小山市ワーク・ライフ・バランス推進認定事業者。 操業106年を迎え、地域に根ざした時計・宝飾専門店。全員が10年以上勤務している女性が在籍。

・資格取得の全面補助(検定料・交通費等)。

・勉強会・セミナー等への積極的参加。

・学校行事・介護への優先シフト。

昭和電工

株式会社

小山事業所

所長 御所名 健司 小山事業所は1961年に昭和アルミニウム小山工場として操業を開始し、アルミ素材を使用したアルミ加工品の生産をスタートさせ、アルミ押出材および加工品などを製造している。また、豊かさと持続性の調和した社会の創造に貢献する「社会貢献」の実現を目指す。平成26年小山市ワーク・ライフ・バランス推進認定事業者。  小山事業所は、昭和電工のアルミニウム事業の中核として、レーザービームプリンターの基幹部品であるアルミシリンダーや大型・複雑形状の押出品、ハイブリッドカーや電気自動車、太陽光発電に使用されるパワー半導体用冷却器等の高付加価値品の開発・製造に取りくんでいます。

仕事と家庭生活の調和を図るための積極的な取組みを行っています。
・男性の育児休業取得促進キャンペーン「パパキャン」の実施

・積立休暇の取得要件に「学校行事の参加」

・法定を上回る育児休業・介護休業制度有

・ノー残業デー

・年休取得促進キャンペーンの実施

地方独立

行政法人

新小山

市民病院

病院長 島田 和幸 昭和21年に小山市民病院の前身である小山町国民健康保険直営診療所として開設して以来、小山市はもとより、近隣市町の患者を受け入れる地域の中核病院としての役割を果たしいる。平成25年に経営形態を地方独立行政法人へ移行し、現在の新小山市民病院に改称し、平成28年に若木町から神鳥谷へ移転したことで、さらに地域密着医療の拠点として大きな役割を担っている。平成29年小山市ワーク・ライフ・バランス推進認定事業者。 地域医療支援病院として、小山市内のかかりつけ医を支援し、地域との連携を重視し、地域の中核病院としての機能を果たすべく努力しております。

・ワーク・ライフ・バランス推進委員会の設置及び同委員会の定期的な開催

・現状と目標の共有

・就業規則等、病院内制度の周知

末柄工業

株式会社

代表取締役 末柄 武夫 建設業、鉄鋼工業、土木建築工事、舗装工事など様々な事業を行う。時差出勤制度を取り入れ、従業員の健康維持の取り組みを行っている。また、地域貢献活動にも積極的に取り組んでいる。 地球の一級彫刻会社 総合建設業

1.理解 2.ダイバーシティ 3.知識 4.組織浸透 5.配慮 6.業務改善 7.時間捻出 8.提言 9.有限実行 10.隗より始めよ

イクボス10か条会社に浸透するよう取り組む。

第一生命保険

株式会社 

栃木支社

小山営業

オフィス

営業部長 仙田 貴宏 1902年に創業し、生命保険の提供を中心に地方自治体とも連携協定等を通じた健康診断やがん検診の受診勧奨活動などに取り組んでいる。
従業員の96%、管理監督職の66%が女性であり、女性が活躍できるよう意識改革や育成体系の充実に取り組む。また、様々なライフイベント(妊娠・出産・育児)や介護などを行いながら安心して働き続けることができるよう、両立支援制度を充実させ、厚生労働省より「次世代育成支援認定マーク」の中の「プラチナくるみん」企業に認定され、5回のくるみん認定を受けている。平成30年小山市ワーク・ライフ・バランス推進認定事業者。
女性が支えている会社。幅広い年齢層の社員がいきいきと働き続けられる職場です。 ・家事・育児とのバランスを取り、メリハリをつけながら仕事ができるよう休暇、振替休日取得を推進しています。

株式会社

大地住建

代表取締役 小川 勇治 平成11年に創業。不動産売買、仲介、分譲や不動産賃貸及び管理をおこなっている。小山市を中心としてお客様のライフスタイルに合った物件を提案し、分からないことは気軽に聞いてもらえるような「かかりつけ、行きつけの不動産屋さん」を目指す。目標には、「スタッフの福利厚生や待遇面、やりがい」で地域1番店を掲げている。 社員であると同時に家族の一員であることを意識して勤務に就いてもらっています。家族としての役割が急に発生した時、柔軟に対応しています。

・時短勤務の推進

・有給休暇消化100%の必達等

大和ハウス工業

株式会社

小山支社

支店長 小野 高 昭和30年創業。戸建住宅、賃貸住宅、分譲マンション等、商業施設、物流施設の企画・設計・施工等の建築事業、宅地・工業団地の企画・設計・施工・販売、再開発事業等の都市開発事業を行う。平成27年小山市ワーク・ライフ・バランス推進認定事業者。 仕事と家庭生活の両立や女性労働者の活躍推進、地域共生活動を積極的に行っております。 ・育児・介護休業法(次世代育成一時金制度、ハローパパ、ハローママ休暇)時間単位有給休暇、ホームホリデー制度、女性管理職向け研修、なでしこ銘柄選定、新ダイバーシティ経営企業100選受賞。

株式会社

蔦工務店

代表取締役 下野 洋司 昭和37年の創業以来、顧客のニーズに合った住みやすい住宅づくり、道路や河川等の土木工事を行っている。「安全最優先」は家づくりだけではなく、従業員の家庭においても同様と考え、働き方は従業員のライフスタイルに合わせるようにし、家族参加型の福利厚生事業も多く実施。女性が現場監督にあたり、3人の女性作業員が建設機械を操作する様子が新聞記事に取り上げられるなど、女性活躍を推進する取り組みをしている。平成30年小山市ワーク・ライフ・バランス推進認定事業者。「栃木県いい仕事いい家庭つぎつぎとちぎ宣言」の登録。 当社は、極小規模事業所で、若人が働きやすく、家族的な組織で全員が同じ目的に向かって頑張っている会社です。3Kといわれる条件の中で、いかに楽しく働き、ストレスの残らない仕事を常に考え行っています。私たちはこの地球・地域に物や形を残す素晴らしい仕事、お客様に喜んでもらえる仕事を目指しています。また、現場では、女性現場監督者等配置し、和やかな職場を目指しています。 ・従業員が安全に良い仕事をできるように、「まず各家庭内の円満から仕事に専念できる」をモットーに働きやすい、楽しい職場づくりを目指す。特に女性をお客様等の打合せにソフトに対応させ、女性の技術向上に努力している。また、現場や事業所周りの清掃や、花壇等をつくり、美化に努力している。

東京オート

株式会社

代表取締役 中村 浩志 昭和48年に創業.、昭和55年に本店を小山市に開設し、以来8店舗(グループで27店舗)を展開。中古車・新車の販売、車検・点検の事業を行う。「顧客第一主義の徹底、人を活かして人を育てる、地域社会とのふれあいを重視」の経営理念のもと、生涯に渡って働き続けられる職場を創る取り組みをしている。平成30年小山市ワーク・ライフ・バランス推進認定事業者。「とちぎ女性活躍応援団」、「栃木県いい仕事いい家庭つぎつぎとちぎ宣言」事業所。 トータルカーディーラーとして栃木県と茨城県に6つの店舗と2つの工場を展開しております。新車・中古車を問わず全メーカーを扱っており、車検・点検の修理から板金塗装、自動車保険など、お車に関するあらゆるサービスを提供しております。 ・従業員が働きやすく、やりがいのある職場づくりを目指している。そのためにも、長時間労働の改善や有給休暇の推進、女性活躍の推進、健康経営などの取り組みを行っている。

株式会社

東光高岳

小山事業所

小山

事業所長

山田 茂男 変圧器や開閉装置などを製造する電力会社向けの電気機器メーカーであり、重電8社の一角を担う企業である。(株)高岳製作所と東光電気(株)の共同株式移転により、(株)東光高岳ホールディングスとして設立された持株会社であったが、平成26年4月に高岳製作所と東光電気を吸収合併を行い、事業会社化し、現在の商号に改める。昭和37年、小山市に大型変圧器の専門工場(旧高岳製作所)を建設し、以後、小山市の製造業をけん引する事業者の一つである。平成29年小山市ワーク・ライフ・バランス推進認定事業者。 当事業所は、発電所で作られた電力が消費者に届くまでに必要な各種電力流通設備機器を製造し、工場・ビル・ご家庭への電力安定供給に寄与させていただいております。

・育児・介護休業制度および育児・介護短時間勤務制度の充実。

・週2回のノー残業デーの実施等

株式会社

栃木銀行

小山支店

支店長 人見 尚貴 昭和17年設立の第二地方銀行であり、小山市とは平成28年10月に連携協定を締結し、地域に密着した取り組みを行っている。豊かな地域社会づくりに貢献し信頼される銀行を目指すことを目的に、「とちぎんボランティアネットワーク」や「こども110番」など、行員や店舗での栃木銀行独自の取り組みを行っている。平成29年小山市ワーク・ライフ・バランス推進認定事業者。 職員のプライベートな時間を増やし、「自己啓発や趣味に充てる」、「家族と一緒に過ごす」などによるワーク・ライフ・バランスの向上や健康維持・増進に繋げ、仕事へのモチベーションの醸成を図ります。

・ノー残業デーの毎週実施

・最終退行時刻の19時設定

・年次有給休暇の取得促進

株式会社

栃木銀行

小山東支店

支店長 中村 淳 昭和17年設立の第二地方銀行であり、小山市とは平成28年10月に連携協定を締結し、地域に密着した取り組みを行っている。豊かな地域社会づくりに貢献し信頼される銀行を目指すことを目的に、「とちぎんボランティアネットワーク」や「こども110番」など、行員や店舗での栃木銀行独自の取り組みを行っている。平成29年小山市ワーク・ライフ・バランス推進認定事業者。 職員のプライベートな時間を増やし、「自己啓発や趣味に充てる」、「家族と一緒に過ごす」などによるワーク・ライフ・バランスの向上や健康維持・増進に繋げ、仕事へのモチベーションの醸成を図ります。

・ノー残業デーの毎週実施

・最終退行時刻の19時設定

・年次有給休暇の取得促進

株式会社

栃木銀行

間々田支店

支店長 落合 正志 昭和17年設立の第二地方銀行であり、小山市とは平成28年10月に連携協定を締結し、地域に密着した取り組みを行っている。豊かな地域社会づくりに貢献し信頼される銀行を目指すことを目的に、「とちぎんボランティアネットワーク」や「こども110番」など、行員や店舗での栃木銀行独自の取り組みを行っている。平成29年小山市ワーク・ライフ・バランス推進認定事業者。 職員のプライベートな時間を増やし、「自己啓発や趣味に充てる」、「家族と一緒に過ごす」などによるワーク・ライフ・バランスの向上や健康維持・増進に繋げ、仕事へのモチベーションの醸成を図ります。

・ノー残業デーの毎週実施

・最終退行時刻の19時設定

・年次有給休暇の取得促進

とちぎコープ

生活協同組合

コープデリ小山センター

理事長 古口 葉子 一人ひとりの消費者が出資金を出し、事業や活動の「運営」に参加し、「利用」する協同組合。組合員のくらしや地域社会で生まれた課題の解決に向けて、地域の団体・人とつながり、地域の多様性を認識し、協同して各地域で多彩な取り組みを推進する。平成24年小山市ワーク・ライフ・バランス推進認定事業者。 コープデリ宅配小山センターは、小山市・栃木市・下野市・野木町に「安心・おいしい・便利な・健康」を実感していただける、暮らしに役立つ商品を笑顔と一緒にお届けしています。 ・現在、次世代育成支援行動計画5期に取り組み、男性がさらに育児に関われる環境整備・所定外労働の削減のための措置の実施・年次有給休暇取得のための措置の実施・育児支援制度の周知や環境整備に取り組んでいます。

株式会社

フレンド

代表取締役 谷 孝裕 平成2年創業。調剤薬局と在宅介護を通じ、医療福祉を担う一員として、より専門性を生かし地域社会に貢献している。地域密着の企業として人と生活を結ぶ医療と介護を目指し信頼されるよう取り組んでいる。平成24年小山市ワーク・ライフ・バランス推進認定事業者。 当社は調剤薬局、介護事業を中心に女性が70%以上働いていただいております。職場と住居を考慮した配置や非正規から正規従業員への雇用を積極的に行っております。小山市からワーク・ライフ・バランスの認定をいただいております。 ・女性の社会活躍のため、託児所の完備や、各事業所において50%以上の女性管理者の配置、非正規から正規従業員への雇用と産業カウンセラーの配置でより働きやすい環境づくりを目指しています。

文化シャッター

株式会社

小山工場

執行役員

小山工場長

圓尾 実朗 昭和43年に小山工場が誕生して以来、総合建材メーカーとして生活の場面で役立つシャッターやビル建材、住宅建材を提供している。全国各地に7箇所の生産工場を配しているが、小山工場は生産するアイテム数と製造量が全国ナンバーワンであり、文化シャッターの基幹工場としての役割を果たしている。平成25年小山市ワーク・ライフ・バランス推進認定事業者。 小山工場は1968年に創業を開始して今年50年を迎えます。主にシャッター製品、スチールドア、止水製品を製造しており、お客様の安心・安全・快適環境をソリューションするパートナーとして、社会への貢献を目指した活動を行っています。

・年次計画有給休暇の取得を実施

・リフレッシュ休暇の実施

・人間ドック、乳がん検診の補助を実施し、受診を推進している。

・運動による心と体の健康づくりを積極的に実施している。

北星商事

株式会社

代表取締役 大山 冨栄 平成20年に創業。栃木県をはじめとする関東一円に輸送ネットを網羅し、生コン用骨材、道路用砕石の販売、運搬を主な業務としている。職場環境に関しては、子育てをはじめ女性が働きやすい職場づくりを目指し、時短勤務制度などフレキシブルな勤務体制を取り入れ、フレックス制の導入や男性の子育て参加、介護のための支援をしている。社員の33%が女性であり、管理職の3分の2が女性である。「とちぎ女性活躍応援団」、「栃木県いい仕事いい家庭つぎつぎとちぎ宣言」「栃木県男女生き生き企業認定団体」の登録。平成30年小山市ワーク・ライフ・バランス推進認定事業者。 栃木県いい仕事いい家庭つぎつぎとちぎ宣言や、小山市ワークライフバランス推進認定事業者として、育児・介護休暇制度の推進や、ノー残業をすすめています。 基本、完全フレックス制を導入し、有給休暇の取得をすすめています。

株式会社

本沢屋

代表取締役 鵜養 克行 明治初期、本沢屋洋品店として創業以来、人と違う価値を求めて150年。子供服を中心とした衣料品販売を行う。平成26年ワークライフバランス推進認定事業者。 人と違う価値を求めて創業150年。「こどもたちの笑顔と共に」のコンセプトのもと、明るくオシャレな20~30代女性を中心に、子供服のセレクト、仕入れからディスプレイ、接客販売等、売り場運営を行っています。最先端の可愛いデザインのお洋服を通して、地域のみなさまやお子様との触れ合いを大切に、「人を笑顔にするお仕事」にこだわりを持っています。

・業務の効率化・ワークフローの見直し

・残業時間の削減

・100%産休育休取得を円滑にする協調性のある職場づくり

株式会社

松本組

代表取締役 松本 勝則 昭和40年創業。進化する時代ニーズに応えるため「今を見て、先を読み、そして手を打つ」を念頭に総合性を重視した建設業を目指し、官公庁・民間企業・個人住宅等への営業を展開している。また、地域貢献活動にも積極的に参加している。平成27年小山市ワーク・ライフ・バランス推進認定事業者。平成24年「いい仕事いい家庭つぎつぎ栃木宣言」事業所。 「行きも帰りも笑顔で」をスローガンにあげ、家庭でのコミュニケーションを充実させる取り組みと職場での安全を第一に、従業員のワーク・ライフ・バランスを考え応援できる企業を目指しています。

・学校行事への休暇取得の促進

・ノー残業デーの導入

・地域貢献及び子ども参観日の導入

・インターンシップ・職場体験を積極的に協力する。

間々田商工会 会長 西堀 和男 商工業の総合的な改善・発展を図り、あわせて福祉の増進に役立つことを目的とし、商店や工場の経営者みなさまの金融・税務・経営・労務等に関するあらゆる相談に応える。また、商工会には、青年部・女性部・商業部会・建設部会・青色申告部会が設置され、その行動力と清新な創意工夫により、地域社会発展のため活動している。 地区内商工業者への経営支援と地域振興の取り組みを行っています。

・職員が働きやすい環境づくりを推進するため、有給休暇の取得を推奨している。

・男女を問わず、昇進・昇格試験の受験を積極的に奨励している。

医療法人

富樹会

三田整形外科

理事長 三田 雄樹 診療科目は整形外科、リハビリ科。
従業員には誕生日休暇等を設定し、仕事と私生活のメリハリをつけて心身ともにゆとりを持てるような職場環境の維持・向上に努めている。
従業員にも働きやすい、やりがいのある環境を整備しております。 ・有給休暇の消化促進、誕生日休暇の導入

水戸証券

株式会社

小山支店

支店長 秋山 みどり 大正10年に創業し、関東一円を中心として26店舗を展開しており、地域に密着した対面営業により「安心して取引ができる」証券会社として定評がる。平成25年「ダイバーシティ推進課」を設置し、女性社員の積極登用や、有能・優秀な女性社員の発掘・育成に取り組んでおり、平成27年厚生労働省より「次世代育成支援認定マーク(くるみん)」を取得。小山支店長は女性であり、平成26年度TOCHIGIで輝く☆「働くウーマン」プロジェクトを受講し、企業等で働く女性自身にキャリア形成やネットワークづくりを意欲的に推進している。平成30年小山市ワーク・ライフ・バランス推進認定事業者。 2021年に支店開設50周年(当社創業100周年)を迎えます。今後もお客様第一主義を徹底し、地域のみなさまに親しんでいただける業務運営を目指します。

・年次有給休暇取得率や労務管理が管理職や個人の評価基準に明確に反映される仕組みも拡充し、意欲的なワーク・ライフ・バランスを推進しています。

・育児や介護の休業制度について、国の規定を上回る制度を整備しています。

メルテック

株式会社

代表取締役 村上 学 小山東部産業団地に本社を置き、焼却灰を原料とする人口骨材の製造と販売を行う平成7年創業の製造業者。近年では、従業員が安全・健康に働くことができる労働環境が整備されている企業として栃木県初の「安全衛生優良企業」として厚生労働省から認定を受けており、また、栃木県の「企業等の森づくり推進事業」を通して小山市等と森づくりに関する協定を締結し、森林整備活動を行っている。平成29年小山市ワーク・ライフ・バランス推進認定事業者。 従来、焼却灰は最終処分場への埋め立てが一般的でしたが、メルテックの溶融技術で焼却灰を資源に生まれ変わらせ、最終処分場の延命化、焼却灰の資源化に貢献している環境ビジネスです。

・社員がやりがいをもって働けるように、効率的な作業を行い、適正な労働管理をし、健康面も考えた社員の働き方を考える「残業削減対策チーム」を発足し取組開始。

・資格取得チャレンジ制度による支援。異業種交流・他社見学による先進地の業務改善事例の取入れ。

・社内コミュニケーション活性化のため、経営陣を含めた挨拶運動を実施、また飲みニケーション制度を活用し、風通しのよい職場づくりを行っている。

株式会社

山中組

代表取締役 山中 史朗 大正11年創業以来100年、土木・建設工事を行い、全業務において安全を最優先し、社員及び協力会社が心身ともに健康状態を維持できる職場づくりを実施している。安全・品質・環境ともに常に的確な目標を設定し、継続的改善を繰り返すことにより組織のパフォーマンスを向上させていくことを経営方針としている。 安全で心身ともに健康状態を維持できる働きやすい職場づくりを実施しています。 ・仕事と家庭生活の調和を図るため、様々な取り組みを行っている。また、「愛ロードとちぎ」、「緑とあかりの里親制度」「小山市エコリサイクル推進事業所」の認定を受けるなど、地域貢献活動も積極的に行っている。

株式会社

リヴェール東洋

代表取締役 村澤 英明 昭和50年創業。ビルメンテナンス・清掃業として開始した後、緑地管理事業、廃棄物収集運搬業務、墓地管理、公共施設ごみ収集運搬業務など様々な事業を行う。地域i献活動にも積極的に参加している。平成24年小山市ワーク・ライフ・バランス推進認定事業者。 「環境管理を最重点」をモットーにビルメンテナンス事業(清掃全般)、緑地管理一般(樹木剪定等)、産業廃棄物収集運搬業、リサイクル業(飲料容器他)他、幅広く老若男女の方々全員が日々健康で楽しく永年勤続できる会社です。 ・仕事への取り組み、生活環境の変化等にいち早く積極的に一人ひとりの声を大切に重んじ、情報の共有化、社員間のコミュニケーションの場を多く設け、健康で安心安全な環境づくりと、ワーク・ライフ・バランス推進活動に更に取り組んでいく。