ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

運転免許の自主返納を行った方へ

印刷用ページを表示する更新日:2017年10月17日更新 <外部リンク>

おーバス無料乗車期間が終身になります!

高齢ドライバーの事故を少なくすることを目的とし、これまで65歳以上の高齢者が運転免許証を返納した場合に交付していた、1年間の「おーバス」無料定期券が、終身無料に拡充されます。これまでに運転免許証を自主返納した方や当支援事業を受けたことがある方、認知症の判定により取り消し処分になった方も対象となります。
1.終身無料券の対象者((1)~(3)すべての条件を満たす方)
 (1)運転免許証を自主返納した満年齢65歳以上の方
 (2)小山市に住所がある方(住民基本台帳に登録されている方)
 (3)市の税金に未納のない方
  ※詳しくは、お電話でご相談ください。
2.申請受付開始日
 平成30年3月12日(月曜日)から
  ※3月9日(金曜日)以前に申請した方は従来通りの1年間の無料定期券になります。
3.申請に必要なもの
 (1)「運転免許取消通知書」または「運転経歴証明書」
 (2)本人の顔写真1枚(縦4cm×横3cmの証明写真で3カ月以内に撮影されたもの)
  ※申請書は、市役所の窓口で記入していただきます。
4.その他
 ・毎月10日が翌月から有効の無料発行の締切日になっていますのでご了承ください。
  (例)4月11日~5月10日までに申請の方 → 6月1日から有効

 ・現在1年間の「おーバス」無料定期券をお持ちの方は、有効期限まで使用してください。
  なお、終身無料の申請は期限が切れる前月11日から当月10日の期間に申請いただければ、支援が途切れることがありません。
  (例)9月30日で期限が切れる場合 → 8月11日~9月10日に申請いただければ、10月1日から有効の無料券を交付します。

Q&A

・以前、運転免許を自主返納した時にもらった「運転免許取消通知書」や「運転経歴証明書」をなくしてしまったが、申請はできますか?
 →「運転免許取消通知書」または「運転経歴証明書」は必ず必要ですので、警察署窓口で再発行できるかご相談ください。
・1年間のおーバス無料定期券を持っているが、期間中に申請に行けば、終身無料券と交換できますか?
 →定期券に記載されている有効期限までお使いください。終身無料券への切り替え申請は、有効期限日の前月11日から当月10日の間に申請ください。
・交通違反により免許証が取消処分になってしまったが、申請はできますか?
 →警察署から「運転免許取消通知書」は発行されませんので申請はできません。
・63歳で自主返納したが、申請できますか?
 →65歳以上の方が対象なため、65歳以降になったら申請ください。なお、申請日が65歳未満ですと対象外となりますので、ご了承ください。
・終身無料券をなくしてしまいましたが、再発行はできますか?
 →再発行できますので、「顔写真」を持って、生活安心課窓口で再発行の申請をしてください。
・現在、市税を分納中ですが、申請はできますか?
 →市税が完納してからの申請をお願いいたします。
・自動車の免許証ではなく、バイク等の免許証でも返納すれば申請はできますか?
 →申請できます。警察署へ免許証を返納した際に受け取る「運転取消通知書」と「顔写真」を持って、生活安心課窓口で申請ください。
・免許証の期限が切れて失効してしましたが、申請できますか?
 →申請には、免許証返納を証明する「運転免許取消通知書」または「運転経歴証明書」が必要ですので、免許証を一度復活後、返納することになります。条件によって異なりますので、まずは警察署へご相談ください。