ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

結婚支援事業

印刷用ページを表示する更新日:2018年6月21日更新 <外部リンク>

小山市結婚新生活支援事業補助金

新居費用・引っ越し費用などを助成します!

ご結婚を機に「小山市で始まるお二人の新しい生活」をサポートします。

対象となる方

1. 平成30年4月1日から平成30年12月31日までの間に婚姻届を提出した新婚世帯

2.夫婦の所得の合計額が(平成29年1月1日~同12月31日の所得額の合算額)340万円未満の世帯

《夫婦の所得の算出方法について》

(1)夫婦の双方または一方が離職し、申請時において就職していない場合は離職している夫婦の双方または一方の所得を含めずに算出できます。

(2)貸与型奨学金(公的団体または民間団体より、学生の修学や生活のために貸与された資金をいう。)の返済を行っている場合は所得証明書をもとに算出した新婚世帯の所得額から、平成29年1月1日から平成29年12月31日までに返済した貸与型奨学金の返済額を控除できます。

3. 婚姻届を提出し受理された日において夫婦のいずれもが34歳以下であること。

4.本市に2年以上定住することを市に誓約した夫婦であること。

5.他の公的制度による家賃補助等を受けていないこと。

6.市税などの滞納がない世帯

7.過去にこの補助金を受けていない。

対象となる経費

1.新生活住居費(購入費、賃貸借費用(1か月分)、敷金・礼金、共益費、仲介手数料等)

2.新居引越し費用(引越し業者や運送業者へ支払った費用)

※1,000円未満の端数は切り捨てた額を助成します。

※平成30年4月1日~平成30年12月31日までに支払ったものが対象です。

補助額

最大30万円

申請期間

平成30年7月2日(月曜日)~平成31年2月28日(木曜日)

提出書類

1

小山市結婚新生活支援事業補助金交付申請書

(様式第1号)

2

婚姻届受理証明書または婚姻後の戸籍謄本

 

3

新婚世帯の所得額のわかる所得証明書または課税証明書若しくは非課税証明書

 

4

同意書兼定住誓約書

(様式第2号)

5

売買契約書または賃貸契約書の写し及び住宅費用を支払ったことがわかる書類の写し

 

6

住宅手当支給証明書

(様式第3号)

7

無職・無収入申立書兼誓約書(婚姻を機に離職した場合)

(様式第4号)

8

貸与型奨学金の返還額が分かる書類(該当する場合)

 

申請方法

申請に必要な書類を持ってくるの上、子育て包括支援課窓口(小山市保健福祉センター2階)までお越しいただき申請手続きをしてください。(事前に必要書類等について電話等でご相談ください。)

お問合わせ

小山市役所 保健福祉部 子育て包括支援課 子育て政策係

住所 小山市中央町2-2-21 小山市保健福祉センター2階

Tel0285-22-9604 Fax0285-22-9618

申請書類等のダウンロード

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)