ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

小山市看護師就業奨励金交付制度について

印刷用ページを表示する更新日:2018年3月15日更新 <外部リンク>

制度

この制度は、看護師養成機関に在学している方で、卒業後、小山市内の医療機関に正看護師として勤務する意欲のある方に、在学中奨励金を交付し、修学を容易にするとともに、地域医療環境の充実を図る制度です。

対象者

看護師養成機関に在学しており、卒業後正看護師として、奨励金の交付期間に相当する期間以上に市内医療機関に就業することが確実な方で、学校から推薦をいただける方

交付額

自宅通学者

月額3万円

自宅外通学者

月額5万円

交付期間

交付の決定を受けた年度の4月から正規の修学期間を終了するまで

申請

申請書に添付書類を添えて、市に直接提出してください。

添付書類

1.入学証明書または在学証明書
2.自宅通学者は世帯全員の住民票の写し
3.自宅外通学者は本人及び自宅の世帯全員の住民票の写し
4.在学2年目以降の方は前学年度末の学業成績証明書
5.誓約書(様式第2号)※
6.看護師養成機関の推薦書※
7.交付申請理由書※

※様式は下記よりダウンロードしてください

募集期間及び募集人数

募集期間

平成30年4月2日(月曜日)~5月10日(木曜日)【土・日・祝日を除く】
午前8時30分~午後5時までに直接窓口(地域医療推進室)へお持ちください。

【受付窓口】
住所:小山市神鳥谷2251-7(健康医療介護総合支援センター内)
部署:健康増進課 地域医療推進室
問い合わせ:0285-27-0500

募集人数

20名程度

交付決定

募集期間終了後、申請者に対し面接を行います。実施日時等は後日通知でお知らせいたします。

面接終了後、交付の可否について後日通知でお知らせいたします。
原則、休学または停学等が生じた場合は奨励金を停止します。

交付方法

ご本人の口座に、原則2ヶ月に1度振り込みます。

奨励金の返還

看護師養成機関を卒業後、正看護師として市内の医療機関に就業しなかった場合は全額返還となります。
実際に勤務した期間が、交付期間に満たなかった場合は一部を返還していただくことになります。

返還の免除

奨励金の交付を受けた方が、業務上の災害によって死亡若しくは負傷や疾病で看護師の業務を継続することができなくなった場合は、返還を免除することがあります。