ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 分類でさがす > 産業・しごと > 産業振興 > 農業 > 小山市6次産業化講演会の開催について

小山市6次産業化講演会の開催について

印刷用ページを表示する更新日:2018年8月8日更新 <外部リンク>

小山市の農業のさらなる高付加価値化・高収益化を目指して

 小山市は、温暖な気候と豊かな自然環境に恵まれ、何よりも高い技術を持った熱意ある農業者によって全国トップレベルの農業生産が展開されており、首都圏の食料供給基地として重要な役割を担っています。

 この小山市の農業をさらに力強く持続的なものとするためには、農業者が生産にとどまらず加工・販売にも取り組む「6次産業化」による農業の高付加価値化と高収益化が今後ますます重要となります。

 そこで、「6次産業化」に関する講演や事例発表を通じて、参加者間で知識・経験を共有し、小山市における「6次産業化」の更なる展開につなげることを目的に講演会を開催します。

 

 ~~~ 6次産業化とは ~~~

 6次産業化とは、農林漁業者(1次産業)が加工(2次産業)、流通・販売(3次産業)にも取り組む経営形態を指します。1×2×3=6次産業化です。

 

日時

 平成30年8月21日火曜日 17時30分~19時00分

場所

 道の駅思川 小山評定館 研修室 (小山市下国府塚25-1)

内容

 ◇基調講演

   演題 事例に学ぶ農林漁業の6次産業化

   講師 南澤 延幸 氏

        農林水産省 関東農政局 経営・事業支援部 地域連携課 六次産業化専門官

 ◇事例発表

   発表者1 篠原 和香子 氏

           Chez Fraise(シェフレ)オーナー、栃木県女性農業士

   発表者2 荒井 聡 氏

           株式会社新日本農業 代表取締役

申し込み

 電話で農政課(0285-22-9254)まで

 (参加無料、定員100名)