ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平成30年度文化芸術活動事業の募集について

印刷用ページを表示する更新日:2018年3月14日更新 <外部リンク>

平成30年度 小山市文化芸術振興活動事業助成金の募集について

事業概要

   小山市は、文化芸術振興基本法及び小山市文化芸術振興条例の趣旨に沿い、自主的で創造的な「小山らしい」特色ある文化芸術振興のための幅広い人材を育成する事業に取り組んでいます。
   この事業は、小山市文化芸術振興基金をもって、趣旨に沿う市民の文化芸術活動に対し、その経費の一部を助成しようとするものです。この事業が、市民の皆さんに広く理解され活用されることによって、文化芸術振興のための幅広い人材が育まれ、心豊かで活気のあるくらしやすい「文化都市小山」の創造に貢献することを願っています。

募集期間

平成30年4月1日~平成30年5月31日

事業実施期間

平成30年4月1日~平成31年3月31日

事業内容

助成対象事業

  1. 文化芸術の創造または普及に関する事業
    音楽、舞踊、演劇、美術等の公演または公開に関する事業
  2. 地域文化財等の保存または活用に関する事業
    文化財や伝統芸能など地域に根ざした文化遺産の保存、継承、発展に関する事業
  3. 文化芸術を担う人材を育成、または文化芸術を奨励するための事業
    (小山市若手芸術家育成支援事業)音楽、舞踊、演劇、美術等様々な舞台芸術、
    展示芸術の最高峰を目指す若手芸術家の調査または研究に関する事業

 

助成対象事業助成内容

(1)文化芸術の創造または普及に関する事業
(2)地域文化財等の保存または活用に関する事業

助成対象経費の3分の2以内

(3)文化芸術を担う人材を育成、または文化芸術を奨励するための事業

年間1人(該当者なしの場合あり)
限度額200万円

助成は予算の範囲内で行います。また、追加助成はありません。

助成対象経費

 
 区分

内訳

1諸謝金指導謝金、講師謝金、執筆謝金、協力者謝金、審査謝金、展示作品等借用謝金など
2借料開場借料、用具借料、楽器借料、衣装借料等
3旅費交通費、宿泊料等(調査、研究、交渉等)
4消耗品文房具代、フィルム代等
5印刷製本費チラシ代、ポスター代、プログラム代、看板代等
6保険料催事保険料、楽器・作品搬送保険料等
7修繕費楽器修繕、衣装修理、その他備品等修理
8その他事業のための関係費で市長が特に必要と認めたもの

 

申請方法

文化振興課に、指定の申請書及び添付書類をご提出ください。
(ただし、土・日・祝日は除きます。)

事業選定

助成対象事業の選定は、小山市文化芸術振興審議会の意見を聴き、その代表委員または専門を加えた小山市文化芸術振興活動事業選定委員会の審査に基づき、市長が行います。
なお、選定時には、分野、実施内容、実施体制、将来性及び予算等を総合的に検討いたします

選定結果

申請者には、7月末に助成事業の選定等の結果を通知する予定です。

申請様式

募集要項 [PDFファイル/128KB]

様式第1号 [PDFファイル/66KB]

様式第1号の2 [PDFファイル/87KB]

 

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)