• 【ID】P-724
  • 【更新日】2023年12月19日
  • 【アクセス数】
  • 印刷する

乳幼児(生後6か月から4歳)の新型コロナワクチン接種について

令和5年12月28日(木曜日)をもちまして、新型コロナワクチン予約・相談コールセンターは終了となります。

乳幼児(生後6か月から4歳まで)の新型コロナウイルスワクチン接種の概要

小山市では、ワクチン供給の都合上、令和5年10月2日以降に個別接種実施医療機関で接種が開始となります。
詳細につきましては、下記医療機関までお問合せください。
お子さまの新型コロナワクチン接種(予約)にあたっては、下記の内容や資料を必ずお読みいただき、ご検討ください。

対象者・接種回数・使用するワクチンなど

初回接種(1回目から3回目接種)

対象者 生後6か月から4歳の市民
(生後6か月から5歳の誕生日の前々日まで接種可能)
接種回数
  • 初回接種 3回
1回目の接種時において生後6か月以上4歳以下の方を対象に3回の接種を行います。
乳幼児用のファイザー社ワクチンを1回目接種から3週間後に2回目を接種、その後少なくとも8週間の間隔をおいて3回目を接種します。
※1回目の接種時に4歳だった方が、2回目・3回目の接種時までに5歳の誕生日を迎えた場合、2回目・3回目接種にも乳幼児用ワクチンを使用します。
※接種費用は、無料です。
使用するワクチン 乳幼児(生後6か月から4歳)用ファイザー社製(XBB.1.5)1価ワクチン
(1回目から3回目ともに同様の乳幼児(生後6か月から4歳)用ワクチンを使用)
※5歳以上用のワクチンとは濃度や容量が異なります。
※接種前に必ず新型コロナウイルスワクチン予防接種についての説明書をお読みください。

令和5年秋開始接種(4回目接種)

対象者 初回接種が完了した生後6か月から4歳の方の内、前回の接種から3か月が経過した方
(生後6か月から5歳の誕生日の前々日まで接種可能)
接種回数
  • 追加接種 1回
初回接種(1回目から3回目)が完了した方の内、前回の接種から3か月が経過した方が接種の対象者となります。 ※接種費用は、無料です。
使用するワクチン 乳幼児(生後6か月から4歳)用ファイザー社製(XBB.1.5)1価ワクチン
※5歳以上用のワクチンとは濃度や容量が異なります。
※接種前に必ず新型コロナウイルスワクチン予防接種についての説明書をお読みください。

接種が受けられる時期

接種を行う期間は、令和6年3月31日までです。(特例臨時接種の期間が令和6年3月31日までのため)

新型コロナワクチン接種についてのお知らせ

生後6か月から4歳の子どもへの接種(乳幼児接種)についてのお知らせ(厚生労働省)

保護者の方へのお願い

お子様のワクチン接種には、保護者の方の同意が必要です。保護者の方の同意なく、接種が行われることはありません。ワクチンを受ける際には、感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について、正しい知識を持っていただいた上で、保護者の方の意思に基づいて接種をご判断いただきますようお願いします。

新型コロナワクチンの副反応について

  • ワクチン接種は任意です。幼稚園・保育所等で、周りの方などに接種を強制したり、接種を受けていない人に差別的な扱いをしたりすることのないようお願いいたします。
  • 新型コロナワクチンと他のワクチンとの接種間隔などについては、かかりつけ医等にご相談ください。同時または前後2週間は、インフルエンザワクチンを除き、原則として、他のワクチンを受けることはできません。
    また、お子様に基礎疾患があるときなど、ワクチンについての疑問や不安があるときも、かかりつけ医等によくご相談ください。​
  • 詳しくは、「新型コロナワクチンQ&A」をご覧ください。

接種後のご注意

接種を受けた日は、激しい運動は控えてください。入浴は可能ですが、接種部分を強く擦ったりしないようにしてください。

接種後、体内で新型コロナウイルスに対する免疫ができる過程で、様々な症状が現れることがあります。大部分は12歳以上のワクチン接種後のものと同様に、数日以内に回復していきますが、特に小さなお子様の場合、おうちの方が様子を観察し、症状に合わせた対応をとっていただくことが大切です。息苦しそうにしている、むくんでいる、食欲がない、元気がない等普段と違う様子がつづくようであれば、早くに医療機関を受診させてください。

ワクチンを接種した後も、石けんでの手洗いや手指の消毒など、感染予防対策の継続をお願いします。

乳幼児のワクチン接種券発送時期等について

接種券は申請制による発行となります。

生後6か月を迎えた方に、申請方法等が記載されているご案内の通知をお送りしております。

接種券の発行を希望する方はこちらより申請をお願いします。

※申請を受付してから1週間から10日前後で接種券を発送いたします。
※また、案内通知が届かない方、今後生後6か月を迎える方は下記申請よりお申し込みが可能です。

接種券を希望されている場合の申請方法について

下記いずれかの方法でご申請可能です。

届きましたご案内のはがきをお手元にご準備ください。

申請方法
方法 内容
Web申請 小山市専用Logoフォームより申請が可能です。
電話

【令和5年12月28日まで】
小山市新型コロナワクチン予約・相談コールセンター
8時30分から17時30分【土日・祝日可】

  • 0285-22-9899
  • 0285-22-9492
  • 0285-22-9309
    ※おかけ間違いにはご注意ください

【令和6年1月4日以降】
小山市健康増進課健康増進係
8時30分から17時15分(土日・祝日・振替休日・年末年始除く)

  • 0285-22-9532
窓口 小山市役所 3階 健康増進課

接種予約について(個別接種のみとなります)

個別接種

個別接種一覧
医療機関名 住所 予約方法 電話番号 備考
青い鳥こどもクリニック 城東2-19-2 電話 0285-37-7111 原則かかりつけの方のみ
浅井こどもクリニック 西城南4-4-4 電話 0285-28-3002 原則かかりつけの方のみ
おおきこどもクリニック 美しが丘3-35-3 Web 0285-41-0025 受診歴がある方のみ
みなみこどもクリニック 城東6-10-1 電話 0285-20-0010 原則かかりつけの方のみ
森岡内科小児科医院 乙女1-28-1 窓口 0285-45-7002 窓口でのご予約の前に電話にて病院までお問合せください

※上記医療機関で接種のご予約が難しい場合は、小山市健康増進課電話番号(0285-22-9532)までお問合せください。

新型コロナワクチン接種後の健康被害救済制度について

予防接種は感染症を予防するために重要なものですが、健康被害(病気になったり、障がいが残ったり)が起こることがあります。

極めてまれではあるものの、副反応による健康被害をなくすことはできないことから、接種に係る過失の有無に関わらず、予防接種と健康被害との因果関係が認定された方を救済する制度が設けられています。

詳しくは「新型コロナワクチン接種後の健康被害救済制度について」をご確認ください。

新型コロナワクチンの副反応について

新型コロナワクチン接種後、体内で新型コロナウイルスに対する免疫ができる過程で、様々な症状が現れることがあります。
副反応ついては「新型コロナワクチンの副反応について」をご確認ください。
具体的には、注射した部分の痛み、発熱、倦怠感、頭痛、筋肉や関節の痛み、悪寒、下痢等の症状です。
こうした症状の大部分は接種の翌日をピークに発現することが多いですが、数日以内に回復していきます。

また、稀な頻度でアナフィラキシー(急性のアレルギー反応)が発生したことが報告されています。具体的にはじんま疹などの皮膚症状、腹痛や嘔吐などの消化器症状、息苦しさなどの呼吸器症状が急に起こります。血圧低下や意識レベルの低下を伴う場合を「アナフィラキシーショック」と呼び、発症した時には、すぐに対応が可能なよう、ワクチン接種会場や医療機関で適切な医療体制を整備しています。

その他、ごく稀ではあるものの、Mrnaワクチン接種後にギランバレー症候群が報告されています。接種後、手足の力が入りにくい、しびれ等の症状が現れたら、早くに医療機関を受診してください。

関連リンク

お問い合わせ先

【令和5年12月28日まで】
小山市新型コロナワクチン予約・相談コールセンター
8時30分から17時30分【土日・祝日可】

  • 0285-22-9899
  • 0285-22-9492
  • 0285-22-9309

【令和6年1月4日以降】
小山市健康増進課健康増進係
8時30分から17時15分(土日・祝日・振替休日・年末年始除く)

  • 0285-22-9532

このページの内容に関するお問い合わせ先

健康増進課 健康増進係

〒323-8686 栃木県小山市中央町1丁目1番1号 3階

電話番号:0285-22-9526

ファクス番号:0285-22-9543

メールでお問い合わせをする

アンケート

小山市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?