• 【ID】P-4386
  • 【更新日】2023年11月27日
  • 【アクセス数】
  • 印刷する

武田社ワクチン(ノババックス)の接種について

武田社ワクチン(ノババックス)の接種については、令和5年12月25日(月曜日)をもちまして終了となります。

武田社ワクチン(ノババックス)の接種について

本ワクチンは、現在流行の中心であるオミクロン株の成分は含まれず、従来株の成分のみで作られており、追加接種はファイザー社またはモデルナ社のオミクロン株対応2価ワクチンが推奨されています。

ただし、従来型の武田社ワクチン(ノババックス)の追加接種により、オミクロン株に対する抗体価が上昇することが確認されており、オミクロン株に対しても一定の効果が期待できるとされています。

詳しくは、武田社の新型コロナワクチン(ノババックス)について(厚生労働省ホームページ)をご確認ください。

武田社ワクチン(ノババックス)の特徴

本剤は組換えタンパクワクチンであり、SARS-Cov-2のスパイクタンパク質(ウイルスがヒトの細胞へ侵入するために必要なタンパク質)の遺伝子をもとに作られた組換えタンパク質をナノ粒子化した製剤で、免疫の活性化を促進するためのアジュバントが添加されています。本剤の接種により組換えスパイクタンパク質がヒトの細胞内に取り込まれると、スパイクタンパク質に対する中和抗体産生及び細胞性免疫応答が誘導されることで、SARS-Cov-2による感染症の予防ができると考えられています。
組換えタンパクワクチンは不活化ワクチンの一種であり、B型肝炎ウイルスワクチンなど、他のワクチンでも使用実績があります。

組換えタンパクワクチンについて、詳しくは、組換えタンパクワクチンはどのようなワクチンですか。(厚生労働省ホームページ)をご確認ください。

接種対象者

  • 初回接種(1回目・2回目接種):12歳以上の方
  • 追加接種(3回目以降の接種):12歳以上の方

接種回数と接種間隔について

初回接種

  • 1回目の接種後、通常、3週間の間隔で2回目の接種を受けてください。
  • 接種後3週間を超えた場合は、できるだけ早くに2回目の接種を受けてください。
  • 1回目に本ワクチンを接種した場合は、原則として、2回目も本ワクチンの接種を受けてください。

追加(3回目以降の)接種

  • 前回の接種完了から6か月以上経過した方から、接種を受けてください。
  • 前回の接種に用いたワクチンの種類に関わらず、本ワクチンの接種が可能です。

新型コロナワクチンの接種について

新型コロナワクチンの接種は、接種による予防効果と副反応を理解したうえで、ご自身の意思に基づき接種を受けていただくものになります。受ける方の同意なく、接種が行われることはありません。

新型コロナワクチンの副反応について

接種体制について

接種をご希望される方につきましては、小山市役所健康増進課(電話番号:0285-22-9532)までお問合せください。

ワクチンについて

武田社ワクチン(ノババックス)

12歳から15歳のお子様への接種をお考えの保護者の方は、こちらの説明書をご確認ください。

当日について

当日の持ち物

接種当日は以下の書類を忘れずにお持ちください。

  • 接種券(シールタイプ)または接種券付一体型予診票
  • 新型コロナウイルスワクチン予防接種済証の台紙(シールタイプの方は接種券と一体となっております)
  • 本人確認書類(運転免許証、健康保険証等)
  • お薬手帳(※薬を服用している方のみ)

服装について

ワクチンは肩に注射しますので、スムーズに接種できるように、半袖のシャツ等肩の出しやすい服装でお越しください。

来場時間について

予約時間になってから順番にご案内しますので、予約時間に合わせてご来場ください。
密になることを防ぎソーシャルディスタンスを保つため、ご協力をお願いいたします。

当日に体調が優れない場合など

当日に37.5℃以上の発熱がある場合など体調が優れない場合の来場はお控えいただき、医療機関までキャンセルの連絡をお願いいたします。
また、新型コロナウイルス感染症の陽性者の方はワクチン接種ができません。

(注意)ワクチン接種は強制ではなく、あくまでご本人の意思に基づき接種を受けていただくものです。接種を望まない人に接種を強制することはありません。職場や周りの人などに接種を強制するなど、接種を受けていない人に差別的な扱いをすることのないようご理解・ご協力の程、お願いいたします。

新型コロナワクチン接種後の健康被害救済制度について

予防接種は感染症を予防するために重要なものですが、健康被害(病気になったり、障がいが残ったり)が起こることがあります。

極めてまれではあるものの、副反応による健康被害をなくすことはできないことから、接種に係る過失の有無に関わらず、予防接種と健康被害との因果関係が認定された方を救済する制度が設けられています。

新型コロナワクチンの副反応について

新型コロナワクチン接種後、体内で新型コロナウイルスに対する免疫ができる過程で、様々な症状が現れることがあります。

具体的には、注射した部分の痛み、発熱、倦怠感、頭痛、筋肉や関節の痛み、悪寒、下痢等の症状です。

こうした症状の大部分は接種の翌日をピークに発現することが多いですが、数日以内に回復していきます。

また、稀な頻度でアナフィラキシー(急性のアレルギー反応)が発生したことが報告されています。具体的にはじんま疹などの皮膚症状、腹痛や嘔吐などの消化器症状、息苦しさなどの呼吸器症状が急に起こります。血圧低下や意識レベルの低下を伴う場合を「アナフィラキシーショック」と呼び、発症した時には、すぐに対応が可能なよう、ワクチン接種会場や医療機関で適切な医療体制を整備しています。

その他、ごく稀ではあるものの、Mrnaワクチン接種後にギランバレー症候群が報告されています。接種後、手足の力が入りにくい、しびれ等の症状が現れたら、早くに医療機関を受診してください。

関連リンク

小・中学生のワクチン接種に伴う出欠等について

小山市立小学校・中学校・義務教育学校では、これまで授業日に新型コロナウイルスワクチン接種を受ける場合、「出席停止・忌引き等」の扱いとしておりましたが、5類感染症に移行する5月8日以降は、「欠席」となります。また、ワクチン接種後に登校した場合は「遅刻」となります。

なお、御不明な点等がありましたら、各学校にお問い合わせください。

お問い合わせ先

<小山市新型コロナワクチン予約・相談センター>

8時30分から17時30分(土曜日・日曜日・祝日も可)

  • 0285-22-9899
  • 0285-22-9492
  • 0285-22-9309

このページの内容に関するお問い合わせ先

健康増進課 健康増進係

〒323-8686 栃木県小山市中央町1丁目1番1号 3階

電話番号:0285-22-9526

ファクス番号:0285-22-9543

メールでお問い合わせをする

アンケート

小山市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?