サイトメニューここからこのページの先頭です
このページの本文へ移動
小山市
サイトマップ 検索の使い方
  • 暮らしのガイド
  • 施設案内
  • イベント・観光情報
  • 行政情報

サイトメニューここまで
現在のページ トップページ の中の 暮らしのガイド の中の 防災・消防 の中の 平成28年熊本地震に伴う被災地支援策 のページです。

本文ここから

平成28年熊本地震に伴う被災地支援策

更新日:2016年4月25日

 この度の熊本地震に伴う被災地に対し、「職員の派遣」及び「義援金募集」に加え、小山市として自主的に支援が可能な取組について、下記のとおりとりまとめました。
 これら支援策について、被災地より応援要請があり次第、迅速な対応がとれるよう準備しております。

可能な支援策

No 支援内容

所管課・連絡先

避難者への支援
1

公営住宅の一時入居
 被災された方を対象に、市営住宅3戸を半年間(延長可)、住宅使用料を全額減免し提供します。

建築課
電話:22-9211

2 空き家バンクの活用 (4棟)

建築指導課
電話:22-9231

3

熊本県からの避難者に対する支援物資の配布
 市民から寄せられた支援物資(精米、レトルト食品、缶詰、紙おむつ等)を提供します。

福祉課
電話:22-9621

4 避難者が祖父母世帯等を頼り転入してきた場合の保育所等への優先入所

こども課
電話:22-9611

5 保育所等の利用者負担額の減免
6 一時預かり保育の優先的入所と利用料の減免
7 病児保育の優先的入所 (費用は全園児無料)
8

学童保育施設の優先的利用
 被災世帯の保護者が市内小学校の学童保育施設の利用を希望した場合に、優先的に利用できるよう、指定管理者等と連携して行います。

9

学童保育施設の保育料負担の軽減
 被災世帯の学童保育料について助成を行います。

10

市内各小・中学校への児童生徒の受け入れ
 被災された家族の子女で、小山市に親戚等があり、そこから通学可能な児童生徒の小・中学校への転入学を積極的に受け入れます。

学校教育課
電話:22-9651

11

被災者向け高齢者支援策
 被災高齢者の生活全般についての相談を、地域包括支援センター職員が訪問し、支援策を検討しサービスを行います。
【被災者向けサービス】
(1) 医療機関への移送券の配布(月2枚)
(2) はりきゅうあんまマッサージ券の配布(年6枚)
(3) 傾聴ボランティアの紹介
(4) 「いきいきふれあいセンター」や「友愛サロン」など居住地近辺の高齢者の集まる場の紹介

高齢生きがい課
電話:22-9540

12 区画整理保留地の斡旋

区画整理課
電話:22-9381

13 開発許可を受けて施行しているハウスメーカー等の住宅の斡旋

建築指導課
電話:22-9231

追加支援物資
14 思の泉500mlペットボトル24本入り100ケース、給水袋6リットル(無記名)5,600枚

水道課
電話:24-7610

15 はと麦茶の提供

防災対策課
電話:39-6661

人的支援
16 被災宅地危険度判定士の派遣

建設政策課
電話:22-9391

17 震災建築物応急危険度判定士の派遣

建築指導課
電話:22-9231

18

緊急消防援助隊
 総務省消防庁からの被災地での災害活動への出場要請に備え、消防隊、救助隊、救急隊等の9部隊(車両)37名を既に指名し出動準備態勢を整えています。

小山市消防署
電話:39-6663

19

り災証明書発行補助
 り災証明書発行事務の補助のため、職員を現地に派遣

資産税課
電話:22-9431

お問い合わせ

総合政策部 総合政策課
電話:0285-22-9356

本文ここまで


以下フッターです。

お問い合わせ

小山市役所

〒323-8686 栃木県小山市中央町1丁目1番1号 電話:0285-23-1111(代表)
Copyright © Oyama City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る