サイトメニューここからこのページの先頭です
このページの本文へ移動
小山市
サイトマップ 検索の使い方
  • 暮らしのガイド
  • 施設案内
  • イベント・観光情報
  • 行政情報

サイトメニューここまで

本文ここから

裏声で歌へ

更新日:2017年4月8日


撮影:Artists' Guild

2017年4月8日(土)−6月18日(日)

企画:遠藤水城(インディペンデント・キュレーター)

出品:大和田俊、小山市立乙女中学校合唱コンクール、國府理、戦争柄着物、五月女哲平、本山ゆかり

【概要】
時代の「音」、「声」をテーマにした展覧会です。
大和田俊、五月女哲平、本山ゆかりの3名の現代美術作家による新作を発表します。また、2014年に不慮の事故により亡くなった國府理が、東日本大震災にショックを受けて制作した《水中エンジン》(2012年)を、再制作し展示します。あわせて、小山市立乙女中学校の合唱コンクールの映像や、戦争柄の着物も展示し、「音」や「声」を通じて、さまざまな表現が互いに結びつき、あるいは切断される、複層的な展覧会を構成します。
尚、本展は、昨秋、「奈良・町家の芸術祭 はならぁと2016」において、地域の案山子巡りと同居する形で開催された展覧会「人の集い」に続く、遠藤による連続展覧会「日本シリーズ」の第二弾となっています。

●オープニングセレモニー&キュレーター&アーティストトーク

日時:4月8日(土)14:00−
内容:本展企画者である遠藤水城(インディペンデントキュレーター)と出品作家である大和田俊(アーティスト)、五月女哲平(アーティスト)、本山ゆかり(アーティスト)によるトークを開催します。
入場無料です。ぜひ、ご参加ください。

●≪水中エンジン≫の稼働について

会期中特定の日程・時間にて稼動予定です。また、稼働予定であっても実際に稼働しない可能性がありますので予めご了承ください。なお、時間が経つほど調整が難しくなるため、会期が早いほど稼働の可能性は高くなります。
4月8日(土)の初日は15:00頃より稼働を予定しております。
詳細は、こちらのweb、facebook、twitterで更新していきますので、ご確認ください。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。水中エンジン再制作プロジェクト

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。小山市立車屋美術館公式facebook

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。小山市立車屋美術館公式twitter

大和田俊

1985年 栃木県生まれ             
2012年 東京藝術大学 大学院美術研究科 先端芸術表現専攻 修了
2014年 最優秀賞 Tokyo Experimental Festival vol.9
(Tokyo Wonder Site、東京)
2015年 「Nothing but Sounds」(ARTZONE、京都)
2015年 「unearth」(NTT Inter Communication Center(ICC)、東京)
2016年 「Sound Reasons Festival」 (1Shanti Road、バンガロール、インド)


参考画像≪unearth≫2015 石灰石、酸性液体、マイク、スピーカー 撮影:富田了平

國府理

1970年 京都府生まれ             
1995年 京都市立芸術大学大学院美術研究科彫刻専攻 修了
2014年 永眠(享年44歳)
2012年 「國府理展 水中エンジン」(アートスペース虹、京都)
2013年 「あいちトリエンナーレ2013」(中央広小路ビル、名古屋・愛知)
2013年 「國府理 未来のいえ」(西宮市大谷記念美術館、兵庫)
2014年 「國府理展 相対温室」(青森公立大学 国際芸術センター青森、青森)


≪水中エンジン≫2012 自動車のエンジン、鉄、水、ガソリン他 撮影:表恒匡 アートスペース虹での展示風景

五月女哲平

1980年 栃木県生まれ             
2005年 東京造形大学芸術学部絵画科 卒業
2012年 「リアル・ジャパネスク」(国立国際美術館、大阪)
2013年 「マンハッタンの太陽」(栃木県立美術館、栃木)
2014年 「絵画の在りか」(東京オペラシティアートギャラリー、東京)
2016年 「囚われ、脱獄、囚われ、脱獄」(都内7会場)


参考画像≪Pink, blue, and the others≫ 2014 アクリル、カンヴァス

本山ゆかり

1992年 愛知県生まれ             
2015年 愛知県立芸術大学美術学部油画専攻 卒業
2017年 京都市立芸術大学大学院 美術研究科油画専攻 修了
2016年 「fabric, light and dirty」 (ARTZONE 、京都)
2016年 「絵画検討会2016」(TURNER GALLERY、東京)
2016年 奈良・町家の芸術祭はならぁと「人の集い」(奈良)


参考画像≪画用紙(鍋−右)≫2016 アクリル、アクリル板

展覧会情報

会期:2017年4月8日(土)−6月18日(日)
休館日:4/10(月)、4/17(月)、4/24(月)、4/28(金)、5/1(月)、5/8(月)、5/15(月)、5/22(月)、5/26(金)、5/29(月)、6/5(月)、6/12(月)、
会場:小山市立車屋美術館
開館時間:9:00−17:00(入館は閉館の30分前)
企画:遠藤水城(インディペンデント・キュレーター)
出品:大和田俊、小山市立乙女中学校合唱コンクール、國府理、五月女哲平、戦争柄着物、本山ゆかり
主催:「裏声で歌へ」実行委員会、小山市教育委員会
助成:公益財団法人アサヒグループ芸術文化財団
協力:東山 アーティスツ・プレイスメント・サービス
後援:朝日新聞社宇都宮総局、NHK宇都宮放送局、エフエム栃木、産経新聞社宇都宮支局、下野新聞社、テレビ小山放送、東京新聞宇都宮支局、とちぎテレビ、栃木放送、毎日新聞宇都宮支局、読売新聞社宇都宮支局
観 覧 料:一般400円(300円) 高校・大学生250円(150円) 中学生以下無料
     ※( )内は20名様以上の団体料金
無料公開日:5/4(木)みどりの日、5/5(金)こどもの日、5/18(木)国際博物館の日、6/10(土)、6/11(日)、6/15(木)県民の日関連
お問合せ:小山市立車屋美術館 栃木県小山市乙女3-10-34
Tel(0285-41-0968)・Fax(0285-41-0922)・Mail(d-kurumaya@city.oyama.tochigi.jp)

お問い合わせ

車屋美術館
電話:0285-41-0968 ファックス:0285-41-0922
この担当課にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

お問い合わせ

小山市役所

〒323-8686 栃木県小山市中央町1丁目1番1号 電話:0285-23-1111(代表)
Copyright © Oyama City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る