サイトメニューここからこのページの先頭です
このページの本文へ移動
小山市
サイトマップ 検索の使い方
  • 暮らしのガイド
  • 施設案内
  • イベント・観光情報
  • 行政情報

サイトメニューここまで

本文ここから

小山市教育行政基本方針

更新日:2012年5月31日

小山市の教育行政の基本方針について

今日の社会においては、科学技術の進歩、高度情報化、国際化などにより、物質的な豊かさや便利さを実感できるようになった反面、社会全体の規範意識の低下をはじめ、さまざまな教育課題が顕在化しつつあります。また同時に、少子高齢化やいわゆる格差社会の問題などにより、社会全体がますます混迷の度合いを深めています。
 そうした中で、一人一人の自己実現を図りながら、明日の社会を担う高い志と強い意欲を持った人材を育成することが、今、強く求められています。
 そのため、教育には、時代を超えて変わることのない価値あるものを、揺るぎない信念で育み続けていくという“不易”の側面と、社会の要請に柔軟に対応し、あるいは社会の変化を先取りして適切に対応するという“流行”の側面の両面があることを的確に踏まえ、継続して取り組むべきもの、見直していくべきものを十分に検討した上で、新たなものについては、地方分権の趣旨を生かし、必要に応じた取組を推進していかなければなりません。
 また、学校、家庭、地域社会の教育力の低下が叫ばれる中、それぞれが連携・補完し合いながら各々の役割を果たすことで、子どもたち一人一人の個性を尊重するとともに、社会の一員としての自覚を促す教育を展開していくことも重要です。
 このような状況に照らし、小山市教育委員会では、次に掲げる6つの教育目標の達成を通じ、人格の完成を目指し、平和で民主的な国家及び社会の形成者として必要な資質を備えた心身ともに健康な市民の育成を図ってまいります。そのため、小山市総合計画『夢・大地・きらめき・笑顔 みんなでつくる ふるさと小山』の施策の一つ「豊かなこころと文化を育む “ひと”づくり」に依拠した次の4つの柱に沿って総合的・計画的に教育施策を推進します。 (小山市教育委員会 平成20年2月20日決定)

〔教育目標〕
○ 知・徳・体の調和のとれた人を育てる
○ 生涯にわたって自己実現を目指す自立した人を育てる
○ 公共の精神を尊び、社会の形成に主体的に参画できる人を育てる
○ 創造性に富み、変革の時代に主体的かつ柔軟に対応できる人を育てる
○ 人権を尊び、平和で民主的な社会を形成する人を育てる
○ 伝統と文化の継承・発展に努め、国際社会の発展に貢献できる人を育てる

〔教育施策推進の柱〕 
1 未来を担う子どもたちの成長・確かな学力・安全を目指した学校教育の実現
2 いつでも・どこでも・だれでも 学び活かせる「生涯学習都市小山」の実現
3 心豊かで活気あるくらしやすい「文化都市小山」の実現
4 元気いっぱい 明るく活力ある生涯スポーツ社会の実現

お問い合わせ

教育総務課
電話:0285-22-9644 ファックス:0285-22-9650
この担当課にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

お問い合わせ

小山市役所

〒323-8686 栃木県小山市中央町1丁目1番1号 電話:0285-23-1111(代表)
Copyright © Oyama City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る