ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
博物館日記
ご利用案内
常設展示
栃木県立博物館地域移動博物館
過去の展示会(~平成23年度)
体験コーナー
博物館友の会
博物館でのボランティア活動
小山市少年少女発明クラブ
国指定史跡「乙女不動原瓦窯跡」

博物館日記(2020年8月)

印刷用ページを表示する更新日:2020年8月29日更新 <外部リンク>

博物館日記

博物館日記

博物館日記はじめました。博物館での出来事や、講座の様子等を紹介していきます。


令和2年8月29日(土曜日)

 ナイトミュージアム!
 ナイトミュージアム
 今日は博物館で怪談寄席 落語で聴く「四谷怪談」が行われました。
 夜間特別開館です。
 会場の様子はこんな感じです。
 落語会場の様子
 落語家 雷門小助六師匠をお迎えして、おもしろいけどちょっぴり怖いお話を聴くことができました。

令和2年8月25日(火曜日)

 今日は縄文土器づくり教室で作った土器を、博物館の窯で焼きました。焼いている時には中身が確認できないので、うまく焼けるか心配でしたが…。壊れることなく焼けていました!
 土器
 この後、各学校にお届けします!

令和2年8月22日(土曜日)

 講座「川の生き物観察会」を実施しました。
 川の生き物
  講師の平野先生から、水辺の生き物や環境について説明していただき、市内下国府塚にある清水川に入って水の生き物を探しました。
 川の生き物
 メダカ、ドジョウ、ミナミヌマエビ、オイカワなどたくさんの生き物を見つけました。
 なかでも今回の一番の大物は、ナマズ!
 ナマズ
 かなりの大きさにみんなびっくりでした。

令和2年8月9日(日曜日)

 昆虫標本づくり教室を行いました。
 コーカサスオオカブトとヒラタクワガタを展足(てんそく)し、ツマグロヒョウモンを展翅(てんし)しました。
 展足(てんそく)とは、昆虫の足を広げて針で固定することです。展翅(てんし)は、昆虫の翅(はね)を広げて固定することです。
 標本づくり
 講師の先生からやり方を教わり、展足や展翅をしたあと、それぞれ自分の持ってきた昆虫で挑戦しました。
 参加者のみなさん、とても集中して取り組んでいました。
 標本づくり2

令和2年8月2日(日曜日)

 今日は、「化石をさぐる」展の関連講座「化石発掘体験」が行われました。
 化石講座
 栃木県立博物館の柏村先生から「地層と化石から分かること」と題してお話をしていただき、その後実際に石を割って化石を見つける体験を行いました。
 化石
 葉や火山灰などの化石がたくさん見つかりました。

令和2年8月1日(土曜日)

 今日から8月!そして梅雨明け!さらに夏休み!
 今年は短い夏休みですが、短いからこそ、充実した夏休みになるといいですね。
 工作
 博物館では、夏休み期間限定で工作セットをプレゼントしています。
 お子様一人2個まで、お好きな工作セットを選んでお持ち帰りください。
 「化石をさぐる」展を見て、家に帰ったら工作で楽しみましょう!

 材料が無くなり次第、終了とさせていただきます。 
 

過去の日記はこちら(バックナンバー)

 ★2020年(令和2年)5月

 ★2020年(令和2年)6月

 ★2020年(令和2年)7月