ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
博物館日記
ご利用案内
常設展示
栃木県立博物館地域移動博物館
過去の展示会(~平成23年度)
体験コーナー
博物館友の会
博物館でのボランティア活動
小山市少年少女発明クラブ
国指定史跡「乙女不動原瓦窯跡」

夏休み特別展 「再発見!渡良瀬遊水地」

印刷用ページを表示する更新日:2021年11月14日更新 <外部リンク>

再発見!渡良瀬遊水地

小山市を含めた4県4市2町にまたがる「渡良瀬遊水地」がラムサール条約湿地に登録されてから1周年を迎えます。渡良瀬遊水地は思川・巴波川・渡良瀬川の最下流部に位置し、洪水時には周辺の地域や首都圏への影響を調節する重要な役割を担っています。それと同時に、ヨシ原を含む3,300ヘクタールという広大な敷地には「貴重な湿地環境」が保たれ、豊かな生態系の形成にとって大変重要な空間となっています。
今回の展示では、その「貴重な湿地環境としての渡良瀬遊水地」にスポットをあて、そこに生息する動植物を中心に、そこを利用してきた人々とのかかわりや、湿地の保全・再生への取り組みなどを紹介します。
今回の展示を通して、世界に誇る渡良瀬遊水地について理解を深めていただくとともに、ラムサール条約の目的にもある湿地の保全と賢明な利活用について考えるひとつの機会となれば幸いです。

会期

平成25年7月20日(土曜日)~9月1日(日曜日)

休館日

7月22日、26日、29日、8月5日、12日、19日、23日、26日

場所

小山市立博物館企画展示室

入館料

入館無料

記念講演会「渡良瀬遊水地の自然」

日時

平成25年8月18日(日曜日)13時30分~15時00分

講師

一般財団法人渡良瀬遊水地アクリメーション振興財団
専務理事白井勝二氏

場所

小山市立博物館視聴覚室

定員

一般50名
お申し込み博物館までお電話ください(0285-45-5331)

展示内容

展示内容

クイズ!これなぁに?

クイズ!これなぁに?