ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 移住・定住サイト おや!まぁ!おやまライフ > ≪女性活躍×DX≫第2回イベントを開催しました!
よくあるQ&A
おしらせ

関係人口バナー<外部リンク>

小山市役所

≪女性活躍×DX≫第2回イベントを開催しました!

印刷用ページを表示する更新日:2021年10月27日更新

地域で暮らす女性たちが、地域課題の解決につながるスマートフォンアプリの開発に挑戦―vol.2体験編―

アイキャッチ

昨年度から小山市では「女性の活躍×デジタルトランスフォーメーションを推進するまち」関係人口創出事業を行い、小山市で女性たちが暮らし続けられる持続可能なまちづくりに向けて、地域内外と連携した新たな挑戦の可能性について探ってきました。

2年目となる今年度は、小山市民が自らスマートフォンやタブレット用のアプリを作成し、地域課題の解決に繋がる取り組みに挑戦していきます。

 

イベント内容

小山市は、日々の生活をより豊かに暮らしやすくするために活動をしている女性たちが多いまちです。

今回の体験会イベントでは、小山市在住の女性たちや子どもたちとともに、誰でもアプリが作成できる開発ツール「MIT App Inventor(MITアップインベンター)」を使って、小山市の課題を解決するアプリを作っていきます。

 

MIT App Inventor(MITアップインベンター)とは?

MIT

マサチューセッツ工科大学が提供する直観的で視覚的なプログラミング環境で、誰でもスマートフォンやタブレット用のアプリを作成できるソフトウエアです。

海外では、子どもたちが生活水道の汚染による健康被害から住民を守るためのアプリを作ったり、水汲みの混雑を緩和するアプリを作ったりと、実際の生活の中の課題を子どもたち自らが解決するために使われている事例も存在します。

詳しくは下記URLをご覧ください。

https://appinventor.mit.edu/<外部リンク>

 

日本唯一のMIT公認・教育モバイルコンピューティングマスタートレーナーである石原正雄氏を講師に招いて開催いたします。

前回10月19日に開催した本イベント第1回目では、石原氏にMIT App Inventorを活用して実際に世界各地で行われている、女性たちがデジタルを活用して社会課題解決に取り組む事例をご紹介いただきました。

今回の体験編で一緒にアプリをつくっていくことを通して、女性たちが日々の生活の中であきらめてしまっていることや我慢していることのなかに実は持続可能なまちをつくるためのヒントがあること。課題の解決のためにデジタルを活用することを少し身近に感じていただける時間にしたいと思います。

講師

石原 正雄 氏

マサチューセッツ工科大学認定

教育モバイルコンピューティング マスタートレーナー

このイベントは終了しました。ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。

 


小山市

Sakutto<外部リンク>

ベリーに暮らそう。とちぎで、暮らそう。<外部リンク>

子育てナビ<外部リンク>

小山いきいき好齢者応援サイト<外部リンク>

JOIN一般社団法人移住・交流推進機構<外部リンク>

セブン-イレブン・ジャパン 新規ご加盟者 U・Iターンをサポートします!<外部リンク>

このページのトップへ