ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 分類でさがす > 市政情報 > 組織 > 市長の部屋 > ご意見紹介 > レジャープールの建設について(令和元年8月)

レジャープールの建設について(令和元年8月)

印刷用ページを表示する更新日:2019年11月18日更新 <外部リンク>

ご意見

小山市のプール情報を調べたら、県南体育館にあるプールしか市内にはなかった。
大規模なレジャープールを建設してはどうか。

回答

 小山市では、“水と緑と大地”の豊かさを未来に引き継ぐとともに、こどもから大人までが、本市の未来を切り拓く「おやまっこ」として、学び、成長することのできる環境を創出することを目的として、思川豊田緑地から渡良瀬遊水地までの思川流域を「こどもの国」として位置づける「小山市こどもの国整備基本構想」を掲げております。

 特に、小山総合公園を核とした「ふれあい交流ゾーン」では、小山広域保健衛生組合の「エネルギー回収推進施設」から供給可能な余熱エネルギーを有効活用し、こどもが季節や天候に関わらず、安全安心に遊ぶことができる「全天候型レジャープール」の整備を計画しております。なお、レジャープールの整備時期につきましては、現在、新庁舎整備に伴う財源負担の軽減を図るため、調整を行っているところでございます。

 ご提案にございました、レジャープール建設により賑わい創出とのお考えは、本市の「小山市こどもの国整備基本構想」と方向性を同じくするものであり、また、ふるさと小山に馳せる想いに感謝いたします。今後の「豊かで活力がありくらしやすい『夢』『未来』溢れる小山市の創造」に向けた取組の参考とさせていただきたいと思いますので、ご理解いただきますようお願い申し上げます。この度は、貴重なご意見をいただきまして、誠にありがとうございました。

(総合政策課)