ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 分類でさがす > 市政情報 > 組織 > 市長の部屋 > ご意見紹介 > 新小山市民病院の救急外来について(令和2年3月)

新小山市民病院の救急外来について(令和2年3月)

印刷用ページを表示する更新日:2020年3月17日更新 <外部リンク>

ご意見

 4歳の子供が夜中23時頃に咳がひどくて呼吸も辛そうだったので、病院を受診するべきか#8000に電話して看護師さんに相談したところ今すぐ受診したほうがいいと言われたので、新小山市民病院の救急外来に電話をしました。しかし、小児科の受付は終わってしまい受診することが出来ないと言われてしまいました。
 子供でも救急外来は24時間対応してほしいです。市民病院は夜は小児科の先生は居なくなってしまうので夜も居ていただければ安心です。子供を持つママ達は子供の急な発熱や体調不良で不安になってしまうので、いつでも安心して育児が出来るような医療対策をお願い致します。

 

回答

 この度はお子様の病状に対し、ご不安な思いをさせてしまいまして申し訳ございませんでした。新小山市民病院は、隣接の健康医療介護総合支援センターにおけます夜間休日急患診療所が診療しております午後10時(日曜など休日は午後9時)までに合わせ小児科医が当直しており、同診療所からの紹介により、小児科を受診できる小児救急医療体制が確保しております。
 また、小山地区医療圏(小山市、下野市、野木町、上三川町)内における小児二次救急医療機関は、休日の昼間帯は新小山市民病院、毎日の夜間帯は自治医科大学附属病院救急救命センターで18時から翌朝8時まで担当しており、夜間帯の場合は自治医科大学附属病院へお問い合わせいただけますようお願いいたします。
 緊急時の医療機関のかかり方については、毎年市内全世帯に配布しております健康のしおりや広報おやまでお知らせしておりますが、市民の皆さんが迷うことの無いよう、より一層PRに努めて参りますので、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。また、頂きましたご意見については新小山市民病院にも伝達しましたので、よろしくお願い致します。
 この度は貴重なご意見をありがとうございました。
(健康増進課)