ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 分類でさがす > 市政情報 > 組織 > 市長の部屋 > ご意見紹介 > 東城南5丁目交差点付近の渋滞について(令和2年3月)

東城南5丁目交差点付近の渋滞について(令和2年3月)

印刷用ページを表示する更新日:2020年3月17日更新 <外部リンク>

ご意見

  雨ヶ谷・神鳥谷・塚崎辺りの県道33号小山環状線(特にコスモ石油さん付近)が、時間帯によって交通量も多く慢性的に渋滞している。楽園の森ひととのやヴィレッジ(戸建住宅)も販売開始となり、更なる交通量増加も心配されます。つきましては、渋滞緩和策としてケーズさん・ベニマルさん隣接のT字路を南進できるよう新たな道路の整備をご提案させていただきます。(既に構想もあり)現在は、新庁舎整備等で財源も厳しいと存じますが、ご検討のほど何卒宜しくお願い申し上げます。

 

回答

【県道33号線 小山環状線の渋滞について】
 「県道33号 小山環状線」における「市道30号線(新市民病院の西側を南北に走る道路)」の交差点から「県道191号 大戦防小山線」の交差点までの区間は慢性的な渋滞が発生しております。
 特に国道50号から城南市街地を抜ける「県道191号 大戦防小山線」との交差点の渋滞は深刻であるため、地元住民で組織された「一般県道大戦防小山線(城南地区)整備促進期成同盟会」により、渋滞解消を望む県要望活動等を行って頂いております。
 これを受け県では、平成29年度より「県道191号 大戦防小山線」の渋滞解消事業に着手しており、現在の進みぐあいを県に確認したところ『令和2年度は国道50号交差点部の改良工事に着手し、残りの区間(「県道33号 小山環状線」との交差点を含む)についても、令和3年度以降、順次改良工事を行う予定である。この改良により周辺道路環境の改善が一部見込める。』とのことです。
 小山市としましては、一日も早い渋滞解消の実現に向け、地元住民の皆さんと共に、栃木県に対し強く要望してまいります。
【都市計画道路萩山線の南進に関するご提案について】
 今回、「県道33号線 小山環状線」の渋滞緩和対策としてご提案の「萩山線(ケーズとベニマルに隣接する道路)」を南進する都市計画道路の計画はございません。また、ご提案の案では主要幹線道路に接続せず、迂回効果は期待できないため、「県道33号 小山環状線」の渋滞対策に繋がらないと考えております。
 このため、渋滞対策としては、「県道33号 小山環状線」の交通量を転換させるバイパスルートをつくることが有効と考え、「市道28号線と市道30号線の交差点(新市民病院の北西部T字路)」から「新4号国道」までの、「小山外環状線」の整備を促進しております。
 この、「小山外環状線」については、栃木県と共同で整備ルートの検討を進めており、小山市としてはこの道路の実現に向け、栃木県による事業化を要望してまいりたいと考えております。
 この度は貴重なご意見をありがとうございました。
(建設政策課、都市計画課)