ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 分類でさがす > 市政情報 > 組織 > 市長の部屋 > ご意見紹介 > コロナ対策について(令和2年5月)

コロナ対策について(令和2年5月)

印刷用ページを表示する更新日:2020年8月24日更新 <外部リンク>

ご意見

 連休明けから、マスクをせず外出している市民が多く、とても不安です。小山市は、みんなの安全のため、外出時はマスク着用を義務付けていただけないでしょうか。今緩んでしまえば、終息も遅れます。市長、市役所、発信で早急に対応お願いします。因みに、私はランニング時も必ずマスクをします。宜しくお願いします。

 

回答

 栃木県は、5月14日(木曜日)に新型コロナウイルス特別措置法に基づく国の緊急事態宣言の対象区域から解除され、県は感染拡大の第2波に備え、県民の外出自粛や休業などを再度要請する際の独自の基準を設ける方針です。外出時のマスク着用の義務付けにつきましては、法的根拠がないことや、マスクの確保が困難な状況であることから、難しいと考えております。
 一方、小山市は第2波に備えた感染拡大防止策として、小山市「新しい生活様式」普及啓発定着委員会を発足させ、外国人を含めた市民の皆さんへのマスク着用を徹底し、ご理解とご協力を要請してまいります。
 小山市新型コロナウイルス感染症対策本部会議は毎日開催し、感染症拡大防止策や経済的支援施策などを協議するとともに、同結果は毎朝7時からのおーラジをはじめ、テレビ小山、安全安心メール、ユーチューブ、HP、ポスター、チラシなどで市民の皆さんに広く周知していますので、参考にご覧ください。
(健康増進課)