ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 分類でさがす > 市政情報 > 組織 > 市長の部屋 > ご意見紹介 > 道路の状況について(令和2年7月)

道路の状況について(令和2年7月)

印刷用ページを表示する更新日:2020年8月24日更新 <外部リンク>

ご意見

 美田中学校から北へ卒島方面へ抜ける道路の状況が最悪です。陥没箇所が多数あり、雨が降る度に数が増えて穴も拡がり安心して走行出来ません。穴埋めをされても雨が降ると舗装箇所がめくり上がり全く意味が無いと感じます。私は小山市民ではありませんが、通勤でこの道路を利用しています。実際、この道路を走行中に陥没箇所に気づかずタイヤを破損させてしまった事もあります。昼間はともかく夜間は陥没箇所に気づくという事は非常に難しいです。安心して走行する為にも早急に道路の全面舗装をお願い致します。

 

回答

 お問い合わせの道路は、美田中学校北西部の県道岩舟・小山線交差点から北に向かい、県道小山・大平線を横断し、豊穂川の手前を豊穂川沿いに北西に曲がり、卒島に達する延長約3.8kmの区間で、県営一般農道として県で整備され、平成9年に移管され、市道として道路課で管理しております。
 ご指摘のとおり、今年は特に長雨が続き応急的に穴埋めをしているところでございますが、陥没箇所が多数あり、利用者の方に大変ご迷惑をおかけしております。
 この状況を踏まえ、特に傷みの激しい県道小山・大平線との交差点周辺の区間において舗装修繕工事を行うとともに、点在する陥没箇所についても早急に修繕工事を行ってまいります。
 なお、当路線につきましては、引き続きパトロールを強化し、補修工事を行うとともに、延長が長いため、計画的に舗装修繕工事を進めていきたいと考えておりますので、ご理解の程よろしくお願いします。
(道路課)