ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 分類でさがす > 市政情報 > 組織 > 市長の部屋 > ご意見紹介 > 献血について(令和2年9月)

献血について(令和2年9月)

印刷用ページを表示する更新日:2021年2月8日更新 <外部リンク>

ご意見

 献血ルームが宇都宮にしかないので、ぜひ小山市に設置していただけたら助かります。小山駅隣接のロブレの三階の空いているスペースとか。簡単なことではないとは思うのですが、献血ルームはもっと設置していただければ、血液の必要な方に役立つかと思います。

回答

  ご意見をいただきました献血ルームについては、「採血業」を行える国内唯一の事業所として日本赤十字社が運営しており、献血ルームの設置も日本赤十字社が県を通じ厚生労働省に申請し設置しております。
このたび、貴重なご意見をいただき、栃木県赤十字血液センターの事業部にお話しをさせていただきました。
小山市において、イオンモール小山で毎月、ロブレ前にて年2回、献血を実施しておりますが、イオンモール以外では、バス1台についての目標献血数である70名に満たない献血者数しか確保できない現状であります。
イオンモール小山でも、平日に献血を実施すると目標数には達しないため、通年献血のできる献血ルームを、駅前やイオンモールに開設しても、日本赤十字社が負担する経費を賄える献血者数が確保できないため、見送らせていただきたいとのことでした。
 小山市としては、献血啓発のために献血者数の少なくなる12月に広報おやまへ特集記事を掲載し、年度末に市内の献血推進団体へ次年度の実施計画策定をお願いし、定期的、継続的な血液の確保に努めております。
栃木県赤十字血液センターホームページ上にて献血バス運行スケジュールが公表されておりますのでご活用いただき、ご協力いただければ幸いです。
 この度は貴重なご意見をいただき、誠にありがとうございました。
(健康増進課)