ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 分類でさがす > 市政情報 > 組織 > 市長の部屋 > ご意見紹介 > 国道50号線の渋滞緩和について(令和2年11月)

国道50号線の渋滞緩和について(令和2年11月)

印刷用ページを表示する更新日:2021年2月8日更新 <外部リンク>

ご意見

 国道50号線ですが、JR宇都宮線線路東側をいつも通るとき、もっと速く通れたらばなあと感じるものです。 西側と同様に高架化、もし難しければ、駅東3丁目交差点だけでもいいです。ご検討よろしくお願いします。 新国道4号小田林高架橋までスムーズに行けるといいです。
 宇都宮市の宮環は、すごいと思います。あれに負けていると思います。

回答

  国道50号を管理する、国土交通省宇都宮国道事務所小山出張所へ確認したところ、JR宇都宮線線路東側の高架化の予定はないとのことでした。
 小山市では、国道50号の渋滞により生じている経済的な損失に加え、渋滞を回避するため生活道路に侵入した車と市民の事故発生を危惧しているため、国道50号の渋滞緩和を目的の一つとした「小山外環状線」の整備を推進しております。
 小山外環状線は、国道50号道の駅思川東側交差点から、小山市粟宮地区を通過し、新4号国道の小山市田間付近を結ぶことで、小山市街地の通過交通を減らし、渋滞緩和の効果が期待される道路であります。
 現在の小山外環状線の整備状況としましては、国道50号から国道4号までの区間で整備が完了しており、その東側の国道4号からゴルフ場(ひととのやカントリー倶楽部)までの区間は栃木県により整備が進められておりますが、JR宇都宮線の交差部にアンダーパスを設置する予定のため、完成までに時間を要する見込みとなっております。
 残るゴルフ場から新4号国道までの区間は工事着手時期・完成時期未定となっておりますが、小山市では一日も早い事業化を目指し、国・栃木県と協議・調整を進めてまいります。
(都市計画課)