ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 分類でさがす > 市政情報 > 組織 > 市長の部屋 > ご意見紹介 > コロナウィルス感染症に関するお知らせについて(令和2年12月)

コロナウィルス感染症に関するお知らせについて(令和2年12月)

印刷用ページを表示する更新日:2021年2月8日更新 <外部リンク>

ご意見

  コロナウィルス感染症に対する様々な対策に感謝申し上げます。コロナウィルス感染症に対する市民の不安は、ウィルスに対する不安と同じくらい、誹謗中傷に対する不安も大きいように思います。市長さんはじめ、市役所からのメッセージからは感染者を出さないように懸命に取り組む思いが伝わってきます。どんなに気をつけていても、誰しも感染してしまう可能性のある感染症です。
  どうか、今までのメッセージに加えてまず第一に、「感染された方の1日も早い回復を祈ります」というような感染された方を思いやる一文を加えていただけないでしょうか。このような一文を、広報や、安心安全メール、学校からの連絡メール等に加えていただくことで、一番辛い思いをしている方への励ましとなるだけでなく、「誹謗中傷は許されません」というメッセージを伝えるよりも、感染された方に対しての心くばりが芽生えるように思います。市が先頭となって、感染された方への寄り添う姿勢を示すことで、withコロナの時代を皆で支え合う思いやりのまち小山市となることを心から願っています。

回答

  小山市内における新型コロナウイルス感染症の感染者につきましては、11月下旬から12月にかけて急増しており、小山市といたしましても、非常に危機感をもって対応しております。
 12月17日には、市長が自らおーラジに出演し、市民の皆さんに感染防止対策の徹底と、感染された方や医療従事者の方への誹謗中傷などを行わないよう、強くお願いをさせていただきました。
 この度ご意見をいただきました『「感染された方の1日も早い回復を祈ります」の一文を加えることで、感染された方への心配りが芽生える』というご意見の通りであると考え、12月25日付けの市長メッセージからとり入れさせていただいております。
 今後、市ホームページや広報、安全安心メールなどで啓発を行う際には、きめ細やかな配慮をし、市民に寄り添った内容になるよう努めてまいります。
 この度は、貴重なご意見を頂きありがとうございました。
(健康増進課)