ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 分類でさがす > 市政情報 > 組織 > 市長の部屋 > ご意見紹介 > 乙女上町地区の公園について(令和3年9月)

乙女上町地区の公園について(令和3年9月)

印刷用ページを表示する更新日:2021年10月1日更新 <外部リンク>

ご意見

 私は主人の転勤で様々な都市で子育てをしてきております。
 そこで小山市の子育て環境がとても気になっています。
 子育てをする中で、小さな子供と親が毎日のようにお散歩をして公園で遊んで、というようなありふれたことができません。もちろん開放的で遊具がそろう公園の近くにすんでいらっしゃる方は違うとは思いますが、間々田・乙女にはそういった公園は少ないように感じます。
 それは、公園デビューするようなヨチヨチ歩きの頃から感じていましたが、子供が大きくなり子供同士で放課後に遊ぶようになった今も感じております。
 乙女の下町には開放的な小さめな公園は何カ所かありますが,上町には木がうっそうとしている公園ばかりで、小学生でも一人で行かせるのが不安な場所です。
 公園とは、本来そういった場所であってはいけないはずです。
 「危険な公園」となったままで、遊具は老朽化、数年前までは路上生活者もいました。
 それは、上町すべての「公園」と名のつくところ全部です。
 上町公園も、大きな木が多すぎて不審者の隠れ場所になるような雰囲気もあります。
 公園の整備を是非お願いします。
 東京都江戸川区の公園事情がとてもよかったです。親子の交流の場、避難場所、小学生の放課後の居場所となり、子供だけの場所ではなく、大人にも必要な場所となっていました。
 公園の整備は、地域の治安向上にもなると思いますので、ご検討ください。

回答

 乙女上町地区の公園につきましては、昭和60年前後にかけて土地区画整理事業によって生み出された都市公園であります。市街地西側に位置する公園は、緑の景観を形成している河岸段丘林であることや、いずれの公園も地元の皆様から樹木保存の要望があり、自然豊かな公園として整備を行い、現在の状況となっております。しかし、ご指摘の通り樹木の高齢化及び大径木化が進み、台風による強風などで倒木や落枝による危険があります。
 市では、通常の草刈りや除草等の公園緑地管理業務のほかに、自治会、地元公園愛護会と協議を行い、実施可能な範囲で樹木の剪定・伐採等の管理作業等を行っております。
 今後も引き続き、公園内の見通しがよくなるよう、樹木管理を進めてまいります。
 老朽化が進んだ危険な遊具につきましては、公園施設の長寿命化を図るため平成26年度より国の交付金を活用し、施設の更新・修繕を計画的に行っており、北浦公園や乙女上町公園は、令和2年度に遊具の更新を行いました。また、亀田公園につきましては、令和4年度に遊具の更新を予定しているところであります。
 小山市としましては、ご意見にある公園利用者が安心して遊べる公園となるよう、今後とも計画的に施設の維持・管理及び更新・修繕に取り組んでまいりますので何卒のご理解の程よろしくお願いいたします。
 この度は、貴重なご意見をいただき、誠にありがとうございました。今後とも小山市政に対し、ご理解ご協力を賜りますようお願い申し上げます。
(公園緑地課)