ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 分類でさがす > 市政情報 > 組織 > 市長の部屋 > ご意見紹介 > 選挙投票について(令和3年11月)

選挙投票について(令和3年11月)

印刷用ページを表示する更新日:2022年3月1日更新 <外部リンク>

ご意見

 先般の衆議院選挙はご苦労様でした。
 この選挙でも思ったのですが、確か那須の高校で期日前投票を校舎内に投票所を設置し実施しておりました。
 浅野市長へお願いです。小山市でも今後行われる参議院選挙の際市内の高校生に対し校舎内投票所を開設し、期日前投票を呼びかける取組みをお願いします。
 若い時期に政治に関心を持つことは、本人のみならずその地域にとっても将来性のある事だと確信します。
 一人でも多く政治参加することで、地に落ちている政治への信頼も僅かづつではありますが回復するのではないでしょうか。
 また、全国に先駆けてオンライン投票の実施もあっても良いと考えます。
種々障害はあるかと思いますが、国の施策を待っていたのでは何時になることか判りません。
 先ずは、実行してみること、そして不備なところは修正していけば良いと思います。
 兎に角、投票率を上げることが、政治の信頼回復に必要不可欠でまっとうな政治の礎になると考えます。

回答

 この度は、選挙に関する貴重なご意見をいただきまして、ありがとうございます。
 ご意見いただいた高校への期日前投票所の設置ですが、栃木県内では、那須烏山市において那須烏山高校への臨時の期日前投票所を設置しております( 1 日限り (開設時間 1 時間 30 分) ))。
 同校への期日前投票所を設置に当たっては、 同校が 選挙 制度などを学ぶ啓発講座を開催し、主権者教育に力を入れてきた背景があります。
 学校に期日前投票所を設置するに当たっては、前段階として、まずは、生徒たちへの主権者教育による選挙制度に関する理解が必要であると考えております。
小山市においても、中学校・高校の生徒会役員選挙のための投票箱、投票用紙記載台等の 選挙 資器材等の貸出や出前講座等により、生徒たちへの選挙啓発を行っておりますが、選挙管理委員会としては、教育委員会や学校と協議の上、さらなる主権者教育の充実化を図 りたいと考えております。
 コロナ禍の現状においては通常の授業体制 に戻すことで精いっぱいであり、主権者教育 を授業に取り入れることは困難な状況であると学校の現場からは伺っておりますが、まずは生徒たちによる模擬投票等の実施を目指し てまいり たいと考えておりますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。
 なお、小山市では、18歳の誕生日を迎える若者への選挙啓発バースデーカードの送付、学園祭等における啓発活動、白鷗大学生との啓発活動のほか、政治や選挙に関心を持っていただくための投票立会人公募制度(現在10 代20代3名登録)による若者に対する選挙啓発を行っており、今後もさらなる若年者層に対する選挙啓発を推進してまいりたいと考えております。
 次に、電子投票についてですが、平成14年2月1日に「地方公共団体の議会の議員及び長の選挙に係る電磁的記録式投票機を用いて行う投票方式等の特例に関する法律」が施行され、 条例を制定した 自治体で行われる 地方選挙に限り、電子投票(インターネット等のネットワークを介しての投票を含みますが、投票所における投票に限られます。)ができるようになりました 。
これまでに全国10の自治体において、首長選挙、議員選挙が電子投票により行われましたが、平成15年の岐阜県可児市 議会議員選挙 では、機器の不具合により選挙をやり直す事態となりました(裁判所による選挙無効の判決)。
 また、平成15年の 神奈川県海老名市長選挙・市議会議員選挙、平成16年の宮城県白石市長選挙でも機器の不具合や運用ミスといったトラブルが相次ぎ ました。
 その後、全国で初めて電子投票を実施た岡山県新見市をはじめ、福井県鯖江市、広島県広島市、神奈川県海老市、京都府京都市 については、次々と電子投票条例を廃止しました。
 そのほか、宮城県白石市、三重県四日市市では、電子投票の休止を盛り込んだ条例が可決され、平成28年まで 国内で唯一 電子投票を続けていた青森県六戸町が休止する方針となったことで、現在、国内で電子投票を実施する自治体はゼロとなりました。
 小山市が電子投票を行うに当たっては、電子投票電子投票条例の制定が必要なこと、条例の制定が必要なこと、電子投票は電子投票は市長選挙及び市議市長選挙及び市議会議員選挙に限られること、会議員選挙に限られること、自宅等からの投票は認められな自宅等からの投票は認められないこと、電子投票の実施に当たっての設備投資に多大な費用がかかること、これまでの全国の事例からトラブルのリスクが非常に大きいこと大きいこと等を鑑み、現状では、電子投票の実施は困難であると考えております。
 この度は、選挙に関する貴重なご意見をいただきまして、誠にありがとうございました。
 今後とも、選挙に関するご理解、ご協力をいただければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。
(選挙管理委員会)