ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 子育て > 子どもをあずける > 新型コロナウイルスに関するお知らせ > 幼稚園・保育園(所)・認定こども園をご利用の方へ(新型コロナウイルス対応)

公式サイトがつながりにくい場合にはヤフー株式会社の協力によるキャッシュサイト<外部リンク><外部リンク>をお試しください

市長からのメッセージ
新型コロナウイルス感染拡大防止のための対策
窓口・手続き関連情報
市民アンケート

幼稚園・保育園(所)・認定こども園をご利用の方へ(新型コロナウイルス対応)

印刷用ページを表示する更新日:2022年6月1日更新 <外部リンク>

小山市では次の項目に該当し、幼稚園・保育園(所)・認定こども園を欠席した際の保育料または副食費について、減免・補助を実施します。

  1. 本人または同居者が、「感染者・濃厚接触者・感染の疑いがあり検査を受けている状態」のいずれかに該当し、幼稚園・保育園(所)・認定こども園を休んだ場合
  2. 幼稚園・保育園(所)・認定こども園において感染者が発生し、自治体の要請を受けて休園(所)した場合

保育料減免と副食費補助

上記の要件を満たして園を欠席した際の保育料または副食費につきましては、次の通り減免・補助を行います。

減免・補助の手続きについては園を通して実施致しますので、保護者の方による個別の申請手続きは不要です。

 

1)保育料 0歳児クラスから2歳児クラスの子どもの保育料について日割りにより減免します。

2)副食費 一月で6日以上休んだ3歳児クラス(幼稚園・認定こども園教育認定は満3歳児クラス含む)から5歳児クラスの子どもの副食費について、日割りにより副食費を補助します。

(補助額は1日上限220円)

 

※注 世帯の状況により、保育料または副食費について既に無償化・減免を適用済みで費用が発生していない方は対象外です。

※注 副食費補助について、小山市外の園に通う方については、通う園がある自治体で同様の事業を実施している場合のみ対象となります。

※注 土曜日は、事前に保育の届け出をしている場合にのみ休園日数に含めます。

※注 日割り計算の計算根拠となる保育日数は月や通っている児童の教育・保育認定等の状況によって異なります。 

    計算式は次の通りです。

   【保育料】

   月保育料×(○日〔開所日数〕-○日〔欠席日数〕)÷25=減免後の保育料 

                             (10円未満切り捨て)  

   【副食費】

   1日上限220円(園による)×○日(欠席日数)=補助額 ※但し月上限4,500円