ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

小山広域クリーンセンターの概要

印刷用ページを表示する更新日:2017年12月26日更新 <外部リンク>

小山広域クリーンセンターは、小山広域保健衛生組合を構成する小山市・下野市・野木町・上三川町の2市2町より搬入されるし尿・浄化槽汚泥・農業集落排水汚泥を浄化処理する施設です。
さらに処理工程で発生した汚泥は、公共の給食調理場などから発生した生ごみを加えて発酵・熟成させ、「すくすく君」という汚泥発酵肥料としてリサイクルしています。

みずみずしい自然を創造する最新システム

小山広域クリーンセンターは、「環境の時代」にふさわしいリサイクル社会を創造します。
みずみずしい自然を守るために、水質の浄化は欠くことができません。
当センターでは、し尿や浄化槽の汚泥を受け入れ、様々な設備を使ったシステムを経て、清浄化し河川に放流します。

人と自然の豊かな環境を育むリサイクルシステム

人々の生活と自然が調和するためには、リサイクル(循環)型社会を創造することが急務となっています。
当センターでは、私たちの生活から排出されるし尿や生ごみから、良質な堆肥を生産する処理施設が整っています。

所在地

小山市大字塩沢604番地