ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

丸木 俊 絵本原画展(令和3年4月24日~6月13日)

印刷用ページを表示する更新日:2021年11月25日更新 <外部リンク>

「丸木 俊 絵本原画展」

tirashi

会  期:2021年4月24日(土曜日)~6月13日(日曜日)
開館時間:午前9時-午後5時(入館は午後4時30分まで)
休 館 日:毎週月曜日(5月3日は開館)、4月30日(金曜日)、5月6日(木曜日)、28日(金曜日)
観 覧 料:一般400円(団体300円)、高校・大学生250円(団体150円)
    *中学生・義務教育学校生以下無料  *団体は20名以上
    *障がい者手帳をお持ちの方と付添の方1名無料
    *おやまミュージアム割引 小山市立博物館企画展の半券(2021年4月以降の日付印
     があるもの。年度内、1回限り有効)で一般100円、高校大学生50円を割引

無料公開日:5月4日(火曜日)みどりの日、5月5日(水曜日)こどもの日、
      5月18日(火曜日)国際博物館の日、
      6月12日(土曜日)と13日(日曜日)県民の日関連

協力:國學院大學栃木学園参考館

後援:朝日新聞宇都宮総局、NHK宇都宮放送局、FMおーラジ、エフエム栃木、産経新聞社宇都宮支局、
   下野新聞社、テレビ小山放送、東京新聞、とちぎテレビ、栃木放送、毎日新聞宇都宮支局、
   読売新聞宇都宮局

展覧会の概要

 丸木俊(まるき とし、1912-2000)は、夫の丸木位里(まるき いり、1901-1995)との共同制作《原爆の図》で世界的に知られますが、そうした画業と並行して、150冊を超える絵本や挿絵、装幀の仕事を残しています。昭和17年『ヤシノミノタビ』などの異国の風物を伝える絵本制作をはじまりに、太平洋戦争後はヨーロッパやロシアの童話や物語の挿絵にいち早く取り組み、その後日本の民話や伝説の挿絵、創作絵本、そして原爆や水俣病、沖縄戦の記録絵本と、幅広いジャンルを手がけました。繊細な筆づかい、鮮やかな色彩で描かれる人間愛溢れる物語世界は、1971年にブラティスラヴァ国際絵本原画展(スロバキア)でゴールデンアップル賞を受賞するなど、国内外で高い評価を受けました。
 本展では、國學院大學栃木学園参考館が管理する貴重な原画のなかから、選りすぐりの81点を紹介いたします。俊が描いたイマジネーションあふれる物語世界を楽しみ、原画ならではの画家の息吹きを感じていただけるまたとない機会です。お子さんや子育て中のおとな、児童教育に携わる多くの方にご覧いただけたら幸いです。

丸木 俊[Maruki Toshi]

 丸木俊(赤松俊子)は1912年2月11日北海道秩父別に生まれた。女子美術専門学校(現在の女子美術大学)で油絵を学ぶ。モスクワやミクロネシアに滞在した経験を持ち、油絵やスケッチを多数描き、二科展などに入選し活躍する。1941年に水墨画家の丸木位里と結婚。戦後は《原爆の図》をはじめ《南京大虐殺の図》、《アウシュビッツの図》、《水俣の図》、《沖縄戦の図》などを夫婦で共同制作した。また、絵本作家として『ひろしまのピカ』『つつじのむすめ』などを刊行し、今も多くの人に読み継がれている。2000年1月13日永眠、享年87歳。

関連イベント

*新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、予定を変更する場合があります。詳細についてはお問い合わせください。

1. 講演『地に根ざして咲く花-丸木俊の絵本の仕事』

講師:岡村幸宣氏(原爆の図丸木美術館学芸員)
日時:5月23日(日曜日)午後2時~(60分程度)
会場:小山市立博物館 視聴覚室(小山市乙女1-31-7)
定員:30名 ※参加無料、事前申し込み・先着順

2. ギャラリートーク(担当学芸員による)

日時:4月24日(土曜日)、5月9日(日曜日)、6月6日(日曜日)
   各回とも午後2時~(30分程度)
会場:企画展示室 ※申込不要

3. 絵本コーナー

丸木俊が挿絵を描いた本や丸木俊関連の本を読むことができます。このコーナーは小山市立中央図書館に協力いただいています。

主な展示作品

gurimu
丸木俊 赤ずきん『グリムどうわ』大塚勇三訳(学習研究社 1970年)國學院大學栃木学園参考館蔵

yamaryousi
丸木俊 ねずみになったまたぎ『松谷みよ子のむかしむかし 日本の伝説』松谷みよ子著
(講談社 1973年)國學院大學栃木学園参考館蔵

flogmen
丸木俊 『あかがえるのビルとタルタル』関根栄一文(国土社 1973年)
國學院大學栃木学園参考館蔵