ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

令和4年度 参加できるプログラム

印刷用ページを表示する更新日:2022年11月24日更新 <外部リンク>
 
※新型コロナウイルスの感染拡大状況により、中止または内容を変更する可能性がございます。

「Articulation -区切りと生成-」関連事業

(1)出品アーティストによるギャラリートーク

※申込は車屋美術館(電話 0285-41-0968)10月1日(土曜日)受付開始、先着順

日時:(前期)11月20日(日曜日) 午後2時~、(後期)12月18日(日曜日) 午後2時~
定員:各回15名 ※要当日観覧券
会場:企画展示室​

(2)シンポジウム「アーティストは何を探究しているのか」

※シンポジウム「アーティストは何を探究しているのか」​は終了しました。たくさんのご参加ありがとうございました。

パネリスト:冨井大裕(美術家、武蔵野美術大学教授)、藤原彩人、生井亮司、小松佳代子
日時:11月23日(水曜日・祝日) 午後2時~午後4時
定員:30名 参加無料
会場:小山市立博物館 視聴覚室​

(3)ワークショップ「モノが作品になるときー芸術家と作品のあいだを旅するワークショップ」

※​ワークショップ「モノが作品になるときー芸術家と作品のあいだを旅するワークショップ」は終了しました。たくさんのご参加ありがとうございました。

企画:竹丸草子(長岡造形大学大学院博士課程3年)
日時:11月23日(水曜日・祝日) 午前10時~12時
定員:15名(対象年齢:中学生以上) 参加無料
会場:小山市立博物館 視聴覚室​

スタディプログラム関連事業

親子で楽しむワークショップ「ARTのひきだし・素材を楽しむ~木のカタチに描いてアクセサリーをつくる」

 シンプルなカタチの木片に色を塗ったり、模様を描いてアクセサリーを作ります。色の組み合わせ、描く画材の面白さを感じながらオリジナルな作品を制作します。

rinngu  iyarnngu

講師:すぎやま りえ(土と布作家)
日時:令和5年2月26日(日曜日)
   1回目:午前10時30分~12時  2回目:午後1時30分~3時
会場:小山市立車屋美術館 企画展示室
定員:各回親子6組(幼稚園年中から高校生・保護者)
参加費:お1人500円(材料費)

申込方法:電話・メールで事前申込してください。(先着順・申込受付中)
※定員になり次第申し込みを締め切らせていただきます。
・電話での申込
 小山市立車屋美術館 0285-41-0968 (9:00~17:00 休館日を除く)
・メールでの申込
 このページ下の「メールでのお問い合わせ」からお申し込みください。 
 メールの件名は「ARTのひきだしワークショップ申込」としてください。
 お問い合わせ内容に以下の項目を明記してください。
(1)参加者全員のお名前とお子様の年齢
(2)希望する回(午前か午後)
(3)電話番号(連絡が取れるもの)
(4)メールアドレス
※お申し込みはメール1件につき親子1組とさせていただきます。お子様の人数は1組につき2名までとさせていただきます。お子様3名以上の場合は美術館まで電話でお問い合わせください。
※参加の可否は後日メールで返信いたします。
※必要事項に記入漏れがある場合、受付をお断りする場合があります。
※申し込み時に記入いただいた個人情報はワークショップ実施以外の目的で使用することは一切ありま
 せん。  

「鈴木まもる 絵本と世界の鳥の巣展」関連事業

※​「鈴木まもる 絵本と世界の鳥の巣展」関連事業はすべて終了しました。たくさんのご参加
 ありがとうございました。

鈴木まもる記念講演会「絵本と鳥の巣の不思議」

※鈴木まもる記念講演会「絵本と鳥の巣の不思議」は定員に達しました。

 鳥の巣研究家として有名な鈴木まもるさんが、世界各地の鳥の生態や鳥の巣の不思議について、イラストを描きながら分かりやすく解説してくれます。
日時:7月23日(土曜日) 午後1時30分~午後4時
定員:30名 参加無料
会場:小山市立博物館 視聴覚室

ワークショップ「鳥の巣をつくってみよう」

※ワークショップ「鳥の巣をつくってみよう」は定員に達しました。

 鈴木まもるさんと一緒に、鳥のように鳥の巣をつくってみましょう。用意するものは、身近な材料と自由な心だけです。
日時:7月24日(日曜日) 午前の部 午前10時~12時/午後の部 午後1時30分~3時30分
定員:各回親子16組(幼稚園児・小学生とその保護者) 
​参加料:500円
持ち物:エプロン、鳥の巣に使いたい材料(あればご持参ください)  
会場:小山市立博物館 体験学習室

「アートリンクとちぎ2022 栃木県立美術館収蔵品展 野澤一郎が愛した美術」関連事業

※「アートリンクとちぎ2022 栃木県立美術館収蔵品展 野澤一郎が愛した美術」関連事業は
 すべて終了しました。たくさんのご参加ありがとうございました。

ギャラリートーク

講師:志田 康宏氏(栃木県立美術館学芸員)
日時:5月15日(日曜日) 午後2時~(60分程度)
会場:企画展示室 ※要当日観覧券。申込不要

ワークショップ「龍、ドラゴンを想像してみよう~墨と水のわざ」

 東洋で古くから描かれてきた龍、西洋ではドラゴンと呼ばれ、様々な形で描かれてきました。水墨画の運筆を使って、それぞれの思い描く龍・ドラゴンを描いてみましょう。
講師:谷中 美佳子氏(日本画家)
日時:5月29日(日曜日) 午後1時~3時
会場:小山市立博物館
定員:8名(小学5年生以上)、参加費:500円
※事前申し込み・先着順(電話 0285-41-0968、4月1日受付開始)

作品鑑賞会(当館学芸員が案内します)

日時:4月30日(土曜日)、5月8日(日曜日)、6月5日(日曜日) 午後2時(30分程度)
会場:企画展示室 ※要当日観覧券。申込不要