ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

合併処理浄化槽設置費補助金について

印刷用ページを表示する更新日:2022年4月5日更新 <外部リンク>

令和4年度の補助金の受付を開始しました。

平成25年度から、合併処理浄化槽を設置する際に既設の単独処理浄化槽の撤去を伴う場合(建替えは除く。)には撤去費用(上限12万円、千円未満の端数切り捨て)を上乗せします。詳しいことについては、お問い合わせください。

合併処理浄化槽を設置する方に補助金を交付します。

小山市は、平成20年6月に環境都市宣言をしました。
小山市は、「水と緑と大地の豊かなまち」です。思川をはじめとする河川などの水の汚れが問題となっていますが、その大きな原因として、台所や風呂水など、家庭から未処理で排出される生活雑排水がクローズアップされています。
市では快適な生活環境を守るため、公共下水道及び農業集落排水処理施設を計画的に整備していますが、これらの施設の整備が当面困難な地域の生活排水による水質汚濁の改善を図るため、合併処理浄化槽の設置者に設置費の補助を行っています。
※予算に達し次第、終了とさせていただきます。

合併浄化槽で生活排水を処理しよう

1.対象地域

公共下水道事業認可区域、農業集落排水処理施設対象区域を除いた小山市全域

2.補助対象者

対象地域内で、主に家族の居住の用に供する建築物または、延べ床面積の2分の1以上を家族の居住の用に供する建築物(以下「専用住宅」という。)に合併処理浄化槽をこれから設置する方
※ただし、次の場合は、補助の対象外となりますのでご注意下さい。

  • 浄化槽設置届出の審査または建築確認を受けずに合併処理浄化槽を設置する方
  • 販売・賃貸を目的とした専用住宅に合併処理浄化槽を設置する方
  • 専用住宅を借りている方で、賃貸人の承諾が得られない方
  • 税等を滞納されている方

3.補助金額

※地域ごとに補助金額が異なりますので、事前にご確認ください。
なお、合併処理浄化槽を設置する際に既設の単独処理浄化槽の撤去を伴う場合(建替えは除く。)には設置費の補助額に撤去費用(上限12万円、千円未満の端数切り捨て)を上乗せします。

1.浄化槽整備区域

生活排水の集合処理(公共下水道、農業集落排水処理等)が行われている区域、および今後集合処理が予定されている区域を除く区域

2.それ以外の区域

将来的に生活排水の集合処理が予定されている区域

補助金額一覧
浄化槽の区分

 

補助金の限度額

  1 浄化槽整備区域 2 それ以外の区域
5人槽(延べ床面積130平方メートル以下) 332,000円 234,000円

6~7人槽
(延べ床面積130平方メートルを超える)

414,000円 291,000円

8~50人槽
(二世帯住宅:浴室と台所が2つ以上)

548,000円 385,000円

4.申請方法

工事着手の10日前までに必要書類を環境課へ提出してください。書類審査の後、補助金交付決定の通知を受けてから工事を始めていただくことになります(下記「補助金振込までの流れ」参照)。
必要書類は、下記「添付書類一覧」をご覧ください。添付書類の様式の一部は下記にございますので、必要なものをダウンロードして、ご使用ください。
※ 設置後の申請はお受けできません。

添付書類一覧 [Wordファイル/31KB]
浄化槽補助金申請についての注意事項 [Wordファイル/31KB]
補助金振込までの流れ(ワード:38KB)
浄化槽補助金交付申請書(ワード:37KB)
浄化槽補助金変更承認申請書(ワード:24KB)
工事請負契約書 [Wordファイル/34KB]
市税納付状況調査書 [Excelファイル/27KB]
実績報告書(ワード:26KB)
浄化槽施工検査表(チェックリスト) [Wordファイル/61KB]
浄化槽設備士届書(これまで届け出ていない浄化槽設備士が工事を監督する場合) [Wordファイル/29KB]
浄化槽設置場所に関する確認書 [Wordファイル/28KB]
浄化槽使用廃止届出書(ワード:30KB)
農業集落排水施設未加入宣誓書 [Wordファイル/16KB]

適切な維持管理をお願いします

浄化槽は微生物の働きを利用して汚水を処理する装置ですから、維持管理が大切です。
維持管理は、保守点検、清掃、法定検査に分かれており、浄化槽法で定期的に実施することが義務付けられています。

保守点検

機械の点検・補修、消毒剤の補給を行います。県に登録された保守点検業者に委託してください。

清掃

浄化槽内に溜まった汚泥を抜き取る作業です。市の許可を受けた業者(協和興業 電話:0285-38-2411 )に委託してください。

法定検査

浄化槽の使用開始後3~8ヶ月の間と、その後は年に1回、県が指定した検査機関の実施する法定検査を受けなければなりません。毎年1回の定期検査については、保守点検を委託している業者、もしくは指定検査機関の(社)栃木県浄化槽協会(電話:028-633-1650)に委託してください。
ご不明な点がございましたら、下記連絡先へお問い合わせください。
自分たちが使った水は責任を持ってきれいにしてから、自然に戻しましょう!きれいな川から明るい未来を。