ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 健康・医療・福祉 > 障がいのある方へ > 各種申請・手続き案内 > 障害者手帳(精神保健福祉手帳)をつくりたいのですが、どのような手続きをすればよいのですか?

障害者手帳(精神保健福祉手帳)をつくりたいのですが、どのような手続きをすればよいのですか?

印刷用ページを表示する更新日:2022年3月25日更新 <外部リンク>

お答えします

障害者手帳は、精神疾患により障がいのある方が福祉サービスを受けるために必要な手帳です。
まずは医師に相談し、該当になると言われましたら、精神障害者保健福祉手帳用診断書を書いてもらって下さい。その後、診断書、印鑑、写真(無帽、正面向き、縦4センチメートル横3センチメートル)を福祉課窓口にお持ちになり申請を行って下さい。
なお、精神疾患による障害年金を受給されている方は、年金証書・特別障害者給付金受給者証明書、年金裁定通知書、直近の障害年金振込通知書及び同意書を提出することにより診断書を省略して申請することが出来ます。