ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 高齢者 > 高齢者の方へ > 各種申請・手続き案内 > 申請から利用まで(高齢者在宅福祉サービス)

申請から利用まで(高齢者在宅福祉サービス)

印刷用ページを表示する更新日:2021年4月1日更新 <外部リンク>

サービスの申請方法

高齢者在宅福祉サービスを利用したい場合は、申請書に「ケアプラン」または「介護予防ケアプラン」や「介護予防・生活支援サービスプラン」を添付する必要があります。申請は本人や家族が行うのではなく、高齢者サポートセンターの職員やケアマネジャーを通して行ってください。
※介護保険の認定を受けた区分によって、申請者が変わります。ご自身の区分がわからないときには、介護保険証をご覧になるか、高齢生きがい課にお問い合わせください。

介護保険の認定を受けていない

高齢者サポートセンターに申請を依頼してください。

要支援の認定を受けた方

高齢者サポートセンターに申請を依頼してください。

要介護の認定を受けた方

各担当ケアマネジャーに申請を依頼してください。

申請後、ご利用までの流れ

  1. 市の高齢生きがい課がサービスの利用が必要か、プランをもとに判断します。
  2. 高齢生きがい課から決定通知書が送付されます。
  3. サービスを提供する事業所へ連絡をしてください。(事業所には依頼書を送付しております)
  4. 利用を開始できます。申請のとおりに利用してください。

関連情報

高齢者在宅福祉サービス・一般福祉施策