ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 分類でさがす > 観光・イベント > 小山市の魅力 > 自然・景観 > 渡良瀬遊水地 > コウノトリのヒナ2羽の命名について(令和2年7月26日)

コウノトリのヒナ2羽の命名について(令和2年7月26日)

印刷用ページを表示する更新日:2020年7月27日更新 <外部リンク>

渡良瀬遊水地第2調節池(小山市内)で誕生したコウノトリのヒナ2羽の愛称が決定しました!

 令和2年5月30日(推定)に千葉県野田市放鳥コウノトリ「ひかる」(J0128、オス・4歳)と徳島県鳴門市生まれ「歌」(J0181、メス・2歳)のペアから誕生したヒナ2羽の愛称について、小山市内外より1,000件を超えるご応募の中から、決定しました。
 尚、ヒナ2羽の性別は(公財)東京動物園協会多摩動物公園にご協力をいただき判定したところ、メス1羽(J0328)、オス1羽(J0329)でした。

愛称「ゆう」 J0328(メス) 足環(右)赤青・(左)黒青

応募総数メス979点のうち98点(1位)
【命名理由】誕生地である渡良瀬遊水地の「遊」より。大空をのびのびと自由に飛び回ってほしいという願いも込められています。
ゆう(J0328)

愛称「わたる」 J0329(オス) 足環(右)赤青・(左)黒緑

応募総数オス974点のうち187点(1位)
【命名理由】誕生地である渡良瀬遊水地の「渡」より。大空を羽ばたき全国へ幸せを運んでほしいという願いも込められています。
わたる(J0329)

愛称の応募状況

応募総数:1,001件(オス974点、メス979点)
ご応募いただいた愛称の中から、地元の皆様にご協力いただき選定を行った結果、オス、メス共に応募数が最も多かった「わたる」と「ゆう」に決定しました。

【終了しました】小山市に定住するコウノトリ「ひかる」・「歌」ペアから誕生したヒナの愛称を募集します

募集チラシ(イメージ)
▲渡良瀬遊水地の人工巣塔から頭をだしたコウノトリのひな
 小山市の「宝」である渡良瀬遊水地へは、平成30(2018)年2月17日に、千葉県野田市放鳥のコウノトリ「ひかる」が、また、令和2(2020)年3月11日には、徳島県鳴門市生まれのコウノトリ「歌」がそれぞれ移住・定住し、同22日にコウノトリのペアが誕生しました。4月27日以降、2羽が交代で巣にしゃがみ込み、抱卵している様子が観察されていましたが、6月6日に、ひなの姿が確認されました。野外繁殖によるコウノトリのひな誕生は昭和46(1971)年に国内野生コウノトリが絶滅し、平成17(2005)年に兵庫県での野生復帰開始以降、東日本で初めての事例となります。
 このひなの誕生を記念し、市民の皆様をはじめ小山市や渡良瀬遊水地に訪れる多くの方に親しみを持っていただけるよう、コウノトリのひなの愛称を募集します。多くの皆様のご応募をお待ちしています。

募集期間

令和2年6月30日(火曜日)まで ※当日消印有効

応募方法

次の事項を明記の上、下記応募先まで郵送・FAX・メール・直接持参、または、市ホームページからご応募ください。
 ➀ひなの愛称(漢字の場合はフリガナ)及び性別(※ひなの性別が判明していないため、オス・メス各1点まで応募可)
 (2)愛称の理由
 (3)応募者の郵便番号・住所・氏名(フリガナ)・年齢・電話番号
 ※どなたでもご応募いただけますが、お一人様につきオス・メス各1点まで応募可能です。
 ※応募の重複や記入事項に不備がある場合は無効となることがあります。
 ※すでにコウノトリの愛称として使用されている名前は採用されないことがあります(すでにコウノトリの愛称として使用されている名前の一覧はチラシをご確認ください)。

応募先

●小山市渡良瀬遊水地ラムサール推進課 〒323-8686 栃木県小山市中央町1-1-1 
 TEL:0285-22-9354 FAX:0285-22-8972
●小山市渡良瀬遊水地コウノトリ交流館(直接持参のみ受付、郵送不可)
 開館日:木・金・土・日・祝(年末年始を除く)
 開館時間:4月~9月 9時30分~17時00分、10月~3月:9時30分~16時00分

選考方法

ご応募いただいた愛称の中から、(1)小山市や渡良瀬遊水地にふさわしい名前であること、(2)多くの方に親しみやすい名前であること、(3)応募数が多い名前であること等を考慮し、選考します。

愛称の決定時期

令和2年7月中旬以降を予定(決定後、市ホームページや報道発表等により公表します)

その他

採用された愛称を応募していただいた方5名様に「小山ブランド」の詰め合わせを贈呈させていただきます。
※応募多数の場合は抽選となります。また、抽選となった場合、結果は賞品の発送をもってかえさせていただきます。

関連情報

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)