ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 分類でさがす > 観光・イベント > 小山市の魅力 > 自然・景観 > 渡良瀬遊水地 > コウノトリのヒナ2羽の巣立ちについて(令和2年7月29日・8月1日)

コウノトリのヒナ2羽の巣立ちについて(令和2年7月29日・8月1日)

印刷用ページを表示する更新日:2020年8月4日更新 <外部リンク>

渡良瀬遊水地第2調節池(小山市内)で誕生したコウノトリのヒナ2羽が巣立ちました!

 令和2年5月30日(推定)に千葉県野田市放鳥コウノトリ「ひかる」(J0128、オス・4歳)と徳島県鳴門市生まれ「歌」(J0181、メス・2歳)のペアから誕生したヒナ2羽(「ゆう」J0328・メス、「わたる」J0329・オス)が渡良瀬遊水地第2調節池内の人工巣塔から巣立ったことが確認されました。

愛称「ゆう」 J0328(メス) 足環(右)赤青・(左)黒青

巣立ち日:令和2年7月29日(水曜日)14時5分(誕生61日目)
7月29日14時に人工巣塔を飛び立ち、14時5分に小山市下生井地区の水田に着地していることを渡良瀬遊水地見守り隊が確認しました。

愛称「わたる」 J0329(オス) 足環(右)赤青・(左)黒緑

巣立ち日:令和2年8月1日(土曜日)16時47分(誕生64日目)
8月1日16時47分に人工巣塔を飛び立ち、16時47分に巣塔周辺の湿地に着地したことを渡良瀬遊水地見守り隊が確認しました。

巣立ちまでの経過

令和2年5月30日(推定)ふ化
6月 6日 ヒナ1羽の姿を初めて確認
6月 7日 2羽目のヒナの姿を初めて確認
7月12日 個体識別のための足環装着及び検体採取
7月26日 ヒナ2羽の愛称及び性別の発表
7月29日 「ゆう」(J0328・メス)が巣立ち(誕生61日目)
8月 1日 「わたる」(J0329・オス)が巣立ち(誕生64日目)
わたる(左)とゆう(右)
▲令和2年8月1日 巣立ち直前の「わたる」(J0329・オス、左)と巣立ち後の「ゆう」(J0328・メス、右)

【重要】観察マナーの徹底にご協力ください

●コウノトリの観察や撮影は堤防上からなど、150m以上離れた場所から行ってください。ただし、繁殖期間中は堤防上から観察してください。
●大変危険ですので、路肩や路上など通行の妨げとなる場所へは駐停車しないでください。
●渡良瀬遊水地第2調節池の小山市域では、「渡良瀬遊水地の保全と再生及び賢明な活用に関する条例」によりドローンやラジコン等無人航空機の飛行が禁止されています。

関連情報