ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 分類でさがす > 観光・イベント > 小山市の魅力 > 自然・景観 > 渡良瀬遊水地 > 渡良瀬遊水地生まれのコウノトリ「わたる」の兵庫県明石市への飛来について(令和2年10月26日(月曜日))

渡良瀬遊水地生まれのコウノトリ「わたる」の兵庫県明石市への飛来について(令和2年10月26日(月曜日))

印刷用ページを表示する更新日:2020年10月30日更新 <外部リンク>

【重要】観察マナーの徹底にご協力ください

●コウノトリの観察や撮影は堤防上からなど、150m以上離れた場所から行ってください。ただし、繁殖期間中は堤防上から観察してください。
●大変危険ですので、路肩や路上など通行の妨げとなる場所へは駐停車しないでください。
●渡良瀬遊水地第2調節池の小山市域では、「渡良瀬遊水地の保全と再生及び賢明な活用に関する条例」によりドローンやラジコン等無人航空機の飛行が禁止されています。

渡良瀬遊水地生まれのコウノトリJ0329「わたる」(オス・0歳)が兵庫県明石市へ飛来しました

 令和2年5月30日(推定)に渡良瀬遊水地第2調節池内の人工巣塔で誕生し、8月1日(土曜日)に巣立ちを迎えたオスのコウノトリ「わたる」が10月26日(月曜日)に兵庫県明石市へ飛来しました。

飛来した個体

J0329「わたる」(オス・0歳)
令和2年5月30日 渡良瀬遊水地第2調節池内人工巣塔(栃木県小山市)生まれ

飛来日時および場所

令和2年10月26日(月曜日)
兵庫県明石市大久保町「片淵池」
※兵庫県南部の東播磨県民局管内でため池の保全活動に取り組んでいる「いなみ野ため池ミュージアム」中村様より飛来情報と写真を提供いただきました。

経過等

 巣立ち後、「わたる」は人工巣塔と小山市下生井地区の水田とを行き来していましたが、9月上旬以降は、主に群馬県館林市や板倉町周辺に滞在し、9月17日~22日には、令和元年千葉県野田市放鳥の「カズ」・「レイ」と共に、野田市へ飛来していることが確認されていました。その後、9月24日に芝川第1調節池(埼玉県さいたま市・川口市)に移動し、10月以降は、渡良瀬遊水地周辺地域(館林市・小山市)へ再飛来していました。
 なお、同じく令和2年5月30日(推定)に渡良遊水地で誕生したJ0328「ゆう」(メス・0歳)は渡良瀬遊水地周辺地域(主に館林市・板倉町方面)で活動していることが確認されています。
わたる
▲兵庫県明石市大久保町「片淵池」(令和2年10月26日撮影)

関連情報(これまでのコウノトリの飛来状況について)