ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

小山市の行政評価

印刷用ページを表示する更新日:2022年6月24日更新 <外部リンク>

行政評価とは

 行政評価とは、行政のさまざまな活動を「市民の皆様に役立つものとなっているか」「当初期待した目的どおりに成果が上がっているか」といった視点で常時点検することで、より効率的・効果的な行政運営を追及する手法です。
 小山市では、効率的・効果的な行財政運営の実現を目指すとともに、職員の仕事に対する価値意識を高め、市民に対する説明責任を果たすことを目的として「事務事業評価」を実施しています。
 また、評価の客観性や透明性を更に高めるため、外部委員による「第三者評価」を実施しています。
 行政評価を通じて説明責任を果たすためにも、行政が何を目指して、何をしようとしているのか、現状はどうなのか、評価結果を市民に公表することで明らかにしていきます。

評価のマネジメントサイクル

 行政活動の多くは、市民の皆さまが安心・安全で快適な暮らしができるよう、新しい施策を企画立案(Plan)する時には、慎重な検討を行い、実施(Do)してきました。
 しかし、今日の著しく変化する社会経済環境や多様化・複雑化する市民ニーズに応えるためには、当初有効だった施策がいつまでも有効であるという保証はなくなってきています。
 目指していた効果が現在の手法・時点でもきちんと表れているのかを点検(Check)し、着実に改革・改善(Action)していかなくては、行政活動が本来の目的を達成できなくなってしまいます。

 この「PDCAループ」と呼ばれる評価のプロセスを統一的な基準を設けて客観的に行い、効果的な行政活動につなげていく仕組みが行政評価です。

行政評価への期待

~経営資源の有効活用として~

 財政状況が厳しい中、限りある資源をまちづくり課題の優先順位に沿って効率的に使うことにより、より一層の効果を発揮できるようにします。

~継続的な改革改善と政策能力の醸成~

 市が行っている仕事を評価・改善を行うとともに、行政評価により客観的なエビデンスに基づく政策判断を行うことを通じて職員の政策形成能力を高め、より実効性の高い市政の運営ができるようにします。

~職員の意識改革と市政の透明性の向上~

 行政評価をきっかけに職員の意識改革や組織の再編を促すとともに、市政の透明性を高め、その内容を市民により分かりやすく説明できるようにします。

行政評価の結果公表

 各年度の行政評価の結果は下記URLをご参照ください。(別ページにジャンプします)

事務事業評価シート

 事務事業評価で利用したシートを公表しています。

・令和3年度事務事業評価シート(/soshiki/103/254174.html)
・令和元年度事務事業評価シート(/soshiki/103/231209.html)
・平成30年度事務事業評価シート(/soshiki/103/205976.html)

事務事業評価分析結果

 事務事業評価の分析結果を公表しています。

・令和3年度事務事業評価結果(/soshiki/103/254648.html)
​・令和元年度事務事業評価結果(/soshiki/103/231210.html)
​・平成30年度事務事業評価結果(/soshiki/103/212229.html)
​・平成29年度事務事業評価結果(/soshiki/103/205918.html)
​・平成28年度事務事業評価結果(/soshiki/103/2462.html)

第三者評価結果

 第三者評価の評価結果を公表しています。

・第三者評価結果まとめ(/soshiki/103/1370.html)

 

※令和2年度行政評価については、新型コロナウイルス感染症への対応に各所管課が従事していたことから、
 事務事業評価及び第三者評価を行うことが困難であったため、評価を行っていません。