ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 分類でさがす > 産業・しごと > 入札契約情報 > 入札・契約制度等 > 平成26年度からの入札制度の変更について

平成26年度からの入札制度の変更について

印刷用ページを表示する更新日:2014年4月1日更新 <外部リンク>

小山市ではこれまで入札・契約制度に関して、透明性、競争性の向上に努めてきたところですが、より一層の改善を図るため、平成26年度から下記のとおり入札制度を改正いたしますのでお知らせします。

手持ち工事の数に制限を設けました

建設事業者の受注機会の均衡を図るため、平成26年4月より、手持ち工事(同時に請け負うことができる工事)の数に制限を設けました。

  1. 手持ち工事数の上限を4件までとします。
  2. 手持ち工事の期間は、落札者または落札候補者となった時から検査結果通知書を送付した日までとします。
  3. 過去3年間に小山市優良建設業者として表彰を受けた事業者については上限を設けません。

上記以外の入札・契約制度については、特に変更はありません。なお、ご不明な点等がありましたら、管財課までお問い合わせください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)