ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 分類でさがす > 産業・しごと > 入札契約情報 > 入札・契約制度等 > 平成28年度からの入札制度の変更について

平成28年度からの入札制度の変更について

印刷用ページを表示する更新日:2016年6月29日更新 <外部リンク>

小山市ではこれまで入札・契約制度に関して、透明性、競争性の向上に努めてきたところですが、より一層の改善を図るため、下記のとおり入札制度を改正いたしますのでお知らせします。

総合評価落札方式の「簡易型」を導入します(試行)

公共工事の品質確保を図るとともに、技術者や企業の技術力・施工能力を適正に評価し、発注を通じて地域建設業の担い手を確保するために、平成28年6月29日から、総合評価落札方式について、従来の「特別簡易型」に加え「簡易型」を導入します。
「簡易型」は企業の施工実績や配置予定技術者の能力などの評価項目に加え、施工計画を 評価する方式です。

低入札価格調査制度を導入します

小山市では、ダンピング入札の防止と公共工事の適正な履行を確保するため、一般競争で実施する建設工事において「最低制限価格」を設けています。
さらに、平成28年6月29日から、総合評価落札方式で実施する建設工事において、新たに低入札価格調査制度を導入します。この制度の内容などについては、以下のファイルをご確認ください。

小山市低入札価格調査制度事務処理要領等

制度について

上記以外の入札・契約制度については、特に変更はありません。なお、ご不明な点等がありましたら、管財課までお問い合わせください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)