ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 人権・男女平等・外国人 > 人権 > 第4次小山市人権施策推進基本計画2022~2026

第4次小山市人権施策推進基本計画2022~2026

印刷用ページを表示する更新日:2022年3月31日更新 <外部リンク>

第4次小山市人権施策推進基本計画2022~2026               

バナー

経緯

小山市は、平成16(2004)年に「小山市人権尊重の社会づくり条例」を施行し、平成19年(2007)年から5年ごとに「小山市人権施策推進基本計画」を策定し、人権施策を総合的に展開してまいりました。

〇平成19(2007)年 「第1次小山市人権施策推進基本計画」(2007~2011)

〇平成24(2012)年 「第2次小山市人権施策推進基本計画(改訂版)」(2012~2016)

〇平成29(2017)年 「第3次小山市人権施策推進基本計画(2017~2021)」

「第3次小山市人権施策推進基本計画」を引き継ぎ、その成果と課題を踏まえた「第4次小山市人権施策推進基本計画(2022~2026)」を策定しました。

基本的な考え方

計画策定の趣旨

「人権」は、基本的人権を保障している日本国憲法のもと、すべての人々が生まれながらに持っている権利で、人間が人間らしく生きていくために誰からも侵害されることのない基本的な権利です。

しかしながら、依然として、生命や身体の安全に関わる重大な事件や偏見から起こる差別等の人権問題が存在し、近年では人権問題が複雑化・多様化するとともに、新たな課題も生じています。

人権侵害が行われることなく、一人一人の人権が尊重される平和で豊かな社会を実現するため、市民の価値観やニーズを的確に捉えるとともに、SDGsの視点を踏まえながら、本市における人権施策を推進していくための指針として策定するものです。

計画の期間

計画期間は令和4(2022)年から令和8(2026)年までの5年間です。

基本理念

◇すべての人の人権が尊重される社会の実現を目指して

計画の目標

◇一人一人がかけがえのない存在として尊重され、偏見や不当な差別のない社会

◇誰もがそれぞれの幸福を最大限に追求し、自己実現を図ることができる社会

◇一人一人の違いを認め合い、豊かさとして共生できる社会

第4次小山市人権施策推進基本計画(PDF)

全体

計画表紙

第4次小山市人権施策推進基本計画2022~2026 [PDFファイル/8.23MB]

概要版

表紙(概要版)

【概要版】第4次小山市人権施策推進基本計画2022~2026 [PDFファイル/20.06MB]

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)