ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 介護保険 > 介護保険事業者 > 介護サービス事業所における事故等発生時の報告書の提出について

介護サービス事業所における事故等発生時の報告書の提出について

印刷用ページを表示する更新日:2021年8月31日更新 <外部リンク>

介護保険指定事業者は、事故発生時には、すみやかに小山市へ事故報告書を提出してください。

 ◎事故報告の対象

1.サービスの提供による利用者の怪我または死亡事故の発生(※)

2.食中毒及び感染症、結核の発生(サービス提供に関連して発生したと認められる場合。なお、関連する法令に届出義務がある場合には、これに従ってください。)

3.職員(従業者)の法令違反、不祥事の発生(利用者の処遇に影響がある場合)

4.利用者またはその家族等に係る個人情報の漏洩の発生

5.その他報告が必要と認められる事故等の発生

※1.の取扱いについて
注1 「サービスの提供による」とは、送迎・通院等の間の事故を含みます。
注2 けがの程度については、外部の医療機関で受診を要したものを原則とします。ただし、軽度であっても家族等に
   連絡しておいた方が良いと判断される場合は、小山市に対しても報告してください。
注3 事業所側の過失の有無は問いません。利用者の過失によるけがであっても、注2に該当する場合は報告して
   ください。
注4 利用者が病気等により死亡した場合であっても、死因等に疑義が生ずる可能性があるときは、小山市へ報告し
   てください。

事故再発防止のための改善策に関する報告

事故報告書は、以下よりダウンロードしてください。