ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 組織でさがす > 治水対策課 > 渡良瀬遊水地第2調節池エコミュージアム基本計画について

渡良瀬遊水地第2調節池エコミュージアム基本計画について

印刷用ページを表示する更新日:2021年5月21日更新 <外部リンク>

 

基本計画策定

小山市は、平成26年3月に「渡良瀬遊水地関連振興5ヶ年計画」を策定し、第1に治水機能確保を最優先とした「エコミュージアム化」、第2に「トキ・コウノトリの野生復帰」、そして第3に「環境にやさしい農業を中心とした地場産業の推進」を「賢明な活用の3本柱」として、その推進に努めております。
第1の治水機能確保を最優先とした「エコミュージアム化」を計画的に実現するため、平成27年3月に「渡良瀬遊水地第2調節池エコミュージアム基本計画」を策定し、渡良瀬遊水地大2調節池のエコミュージアム化を推進するための取組みを進めてきました。

小山市では「小山市渡良瀬遊水地観光地化推進5ヵ年計画」(平成30年3月)を策定し、渡良瀬遊水地の観光地化を推進しております。さらに国土交通省によって「渡良瀬遊水地湿地保全・再生基本計画改定版」(平成30年11月)が策定され、第2調整池の掘削の考え方が再整理されました。これらの関係計画とこれまでの課題をふまえ、当初計画策定後、約5年が経過したことから、「渡良瀬遊水地第2調整池エコミュージアム基本計画」(第2期計画)を策定いたしました。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)