ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 水道・下水道 > 上水道 > 水道施設の耐震性能について

水道施設の耐震性能について

印刷用ページを表示する更新日:2021年11月24日更新 <外部リンク>

管種別管路における耐震化率について

管路が備えるべき耐震性能と管種・継手ごとの耐震基準の考え方

厚生労働省は、平成18年度の「管路の耐震化に関する検討会」において、ダクタイル鋳鉄管の耐震性能について、以下のとおり整理しています。

Ns形継手等

耐震管

K形継手等

良質地盤であれば、耐震適合性あり

A形継手等

被害率が比較的低いが、明確に耐震適合性ありとし難い

判断の基準

  1. 第四紀更新世(洪積世)の地質であれば、良質地盤と判断する。
  2. 国土交通省の土地分類基本調査における表層地質図より、思川東部地域は洪積世であることから良質地盤と判断できる。

小山市において第3次拡張時に布設した基幹管路はK形継手を採用しており、耐震適合性があると判断できる。

基幹管路における耐震化率

上記のことから、

基幹管路における耐震適合管の割合60%

管種別管路の耐震化状況(PDF:124KB)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)