ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 都市計画 > まちづくり > 都市再生整備計画事業(まちづくり交付金事業)とは

都市再生整備計画事業(まちづくり交付金事業)とは

印刷用ページを表示する更新日:2021年3月25日更新 <外部リンク>

都市再生整備計画事業(まちづくり交付金事業)とは、地域の歴史・文化・自然環境等の特性を活かした個性あふれるまちづくりを実施し、全国の都市の再生を効率的に推進することにより、地域住民の生活の質の向上と地域経済・社会の活性化を図るための制度です。
平成22年度より,まちづくり交付金は社会資本整備総合交付金に統合され、社会資本整備総合交付金の基幹事業(市街地整備分野)に「都市再生整備計画事業」として位置づけられました。
交付に際しては、事前に事業事業期間(概ね5年間)内に達成すべきまちづくりの目標、目標を定量化する指標、目標達成のために実施する事業等を記載した「都市再生整備計画」を作成し、国に申請します。

まちづくり交付金のイメージ
まちづくり交付金のイメージ図

小山市での事業実施状況

小山市では、平成17年度から、まちづくり交付金事業を活用し、道路、公園、地域交流センターなどの整備を進めてまいりました。

計画全体図


全体位置図

小山駅周辺地区(第1期) (H17~H21)

小山駅周辺地区(第2期) (H23~H27)

間々田駅周辺地区(第1期) (H18~H22)

間々田駅周辺地区(第2期)(H23~H27)

間々田駅周辺地区(第3期)(R1~R5)

羽川地区(第1期) (H18~H22)

羽川地区(第2期) (H23~H27)

粟宮地区 (H20~H24)

粟宮・緑の健康づくりの森周辺地区(H25~29)

城南・雨ヶ谷地区 (H22~H26)

思川駅周辺地区 (H18~H22)

渡良瀬遊水地周辺地区(H25~H29)

小山市中心拠点地区(H30~R4)

大谷地区(H30~R4)

事後評価・フォローアップ

都市再生整備計画事業(まちづくり交付金事業)では、最終年度に取り組み効果を評価する事後評価を行い、目標達成状況等の確認やまちづくり方策の検討を行うこととなっています。
また、事後評価結果の内、再確認が必要な項目について、翌年度にフォローアップを行っています。
小山駅周辺地区 (H17~H21) 事後評価(PDF:245KB)
小山駅周辺地区 (H17~H21) フォローアップ(PDF:97KB)
間々田駅周辺地区 (H18~H22) 事後評価(PDF:238KB)
羽川地区 (H18~H22) 事後評価(PDF:302KB)
粟宮地区(H20~H24)事後評価(PDF:413KB)
思川駅周辺地区 (H18~H22) 事後評価(PDF:294KB)
城南・雨ヶ谷地区 (H22~H26)事後評価(PDF:898KB)
小山駅周辺地区[第二期](H23~H27)事後評価 [PDFファイル/624KB]
間々田駅周辺地区[第二期](H23~H27)事後評価 [PDFファイル/557KB]
羽川地区[第二期](H23~H27)事後評価 [PDFファイル/527KB]
粟宮・緑の健康づくりの森周辺地区(H25~H29) [PDFファイル/681KB]
渡良瀬遊水地周辺地区(H25~H29) [PDFファイル/525KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)