ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

「小山市文化芸術振興計画(第3期)」について

印刷用ページを表示する更新日:2022年8月5日更新 <外部リンク>

「小山市文化芸術振興計画(第3期)」について

 小山市文化芸術振興条例では「市長は、文化芸術の振興に関する施策の総合的な推進を図るため、文化芸術の振興に関する基本的な方針(以下「基本方針」という。) を定めなければならない」(第6条)とされています。

 小山市では、上記に係る直近の計画である「小山市文化芸術振興ビジョン」が令和3年度をもって終了することから、令和4年度から令和8年度の5か年間を計画期間とする次期「小山市文化芸術振興計画」の策定を進めてまいりました。

 この間、有識者や文化芸術団体の役員の方々等から構成された「小山市文化芸術振興審議会」のご意見を聴くとともに、市民の皆さまからのご意見等を求めるためのパブリック・コメントを実施し、課題の抽出や整理、考え方の醸成を図ってまいりました。

 これらの検討を経まして、令和4年度以降も「心豊かで活気のあるくらしやすい「文化都市小山」」を実現するための各種施策を推進するため、「小山市文化芸術振興計画(第3期)」を策定しましたので公表します。​

小山市文化芸術振興計画(第3期) [PDFファイル/2.72MB]

 第1章 計画策定にあたって
  策定の趣旨や社会の動向など、本市文化芸術活動をめぐる環境について
 第2章 計画の基本的な考え方
  基本理念や基本目標など、本計画に関する考え方について
 第3章 施策の展開
  基本施策を5つ挙げ、各々の具体的な実施事業と目標値について
 第4章 計画の推進
  市民と行政の役割分担や進行管理など、計画の実行方法について

【参考】

「小山市文化芸術振興計画(第3期)素案」に対するパブリックコメントの結果について

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)