ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

粟宮新都心基本計画

印刷用ページを表示する更新日:2021年11月24日更新 <外部リンク>

1.粟宮新都心基本計画の目的

粟宮地区及びその周辺一帯の地域は、幹線道路の整備をはじめ、新小山市民病院と緑の健康づくりの森や新小山消防署、新小山警察署が進出し、また、小山外環状線が位置づけされている地域でもあり、夢と未来溢れる都市空間としての発展が期待されています。
このため、平成25年度に、メインテーマを「健康と環境を育む『ホスピタルシティ』の実現」と掲げ、粟宮地区まちづくりを核とする住宅地・産業用地等の開発ゾーンと新市民病院を核とする医療・健康介護施設展開ゾーンの整備を粟宮新都心構想として取りまとめしました。
平成26年7月に、その構想の実現を図るための『粟宮新都心基本計画』を、粟宮地区まちづくりを核とするゾーンと新市民病院を核とするゾーンの5年後10年後の青写真を描くことを目的として策定しました。

2.基本計画の対象区域

粟宮及びその周辺地区
(大字粟宮、大字千駄塚、大字神鳥谷、大字西黒田、大字塚崎、大字雨ヶ谷他)

基本計画の対象区域
粟宮及びその周辺地区

ゾーン配置図の画像
ゾーン配置図

3.基本計画の内容

各ゾーンごとに地区の特性を検討してブロックに分割して実現化の方策を検討しています

土地利用全体図の画像
土地利用全体図

粟宮新都心基本計画【概要版】

本基本計画の概要版は以下によりダウンロードできます。

粟宮新都心基本計画【概要版】はこちらから

粟宮新都心構想

粟宮新都心構想へのリンクはこちらです。

粟宮新都心構想

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)