ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
フロントページ > 組織でさがす > 公園緑地課 > 関東の富士見百景に選出されました!

関東の富士見百景に選出されました!

印刷用ページを表示する更新日:2021年11月25日更新 <外部リンク>

「関東の富士見百景」は、富士山への良好な眺望を得られる地点を選定し、周辺の景観の保全や活用への支援を通じて、美しい地域づくりの推進を目的として、国土交通省関東地方整備局が実施したものです。
関東地方整備局において、平成17年10月11日に関東の富士見百景選定委員会が開催され、小山市においては、「渡良瀬遊水地の桜づつみからの富士」と「祇園城跡(史跡小山氏城跡 鷲城跡 祇園城跡 中久喜城跡」の2地区が選定されました。
国土交通省関東地方整備局のホームページはこちら<外部リンク>
祇園城跡の「祇」の文字は、正式には「示」と「氏」を組み合わせたものです。ホームページ上では表記できないため、代わりに他の文字を使っています。

富士見百景(遊水地)

アクセス方法

JR東北本線(宇都宮線)野木駅より約4キロメートル
国道50号西水城交差点から南へ10キロメートル
国道4号友部交差点から西、松原橋を越え1つ目の信号を左、堤防沿いに西側約0.7キロメートル

選定地点の魅力

渡良瀬遊水地は、首都圏60キロメートルに位置する約3,300haにも及ぶ国内最大級の湿地であり、多くの貴重な動植物が生息しています。ここでは散策や休憩、自然観察・史跡見学等の野外活動、水上・スカイスポーツ、各種イベントが盛んに開催されており、関東屈指のレクリエーション拠点として活用されています。
また、桜づつみからの富士山への眺望など、渡良瀬遊水地の雄大な眺望を目的に多くのカメラマンが訪れます。雲のない冬場の朝夕には、それぞれ異なった富士山の姿を楽しむことができます。
ここでは、小山市の生井桜づつみと藤岡町の部屋南部桜づつみという2つの桜づつみが桜の里親制度によって行われています。小山市の生井桜づつみでは市の花である「思川桜」が植えられており、藤岡町の部屋南部桜づつみでは遅咲きの里桜が植えられています。
平成18年4月22日(土曜)には、生井桜づつみ(渡良瀬遊水地堤防上)において、「生井桜まつり・旧思川まつり・生井桜づつみ完成合同式典」が行なわれ、関東の富士見百景」選定銘板も設置されています。

周辺の見どころ

谷中湖・渡良瀬運動公園、カスリーン台風決壊口記念碑

問合せ先

栃木市藤岡総合支所 都市建設課
〒323-1192 栃木県栃木市藤岡町大字藤岡1022番地5
電話:0282-62-0909 Fax:0282-62-4625
小山市都市整備部公園緑地課
〒323-8686 栃木県小山市中央町1-1-1
電話:0285-22-9886 Fax:0285-22-9685

富士見百景(祇園城)

アクセス方法

JR小山駅西口より徒歩10分、国道4号線城山町交差点から西へ0.3キロメートル

選定地点の魅力

祗園城跡は、小山市の中心部にありながら美しい山並みと思川の流れが眺望できる場所です。寒さ厳しい冬のよく晴れた日には、南に富士山、西に赤城、北に日光と美しい山並みを楽しむことができます。
遠くに望む富士山の下には、思川沿いに残る森林が広がっており、さらにその下には、思川にかかる国道50号の小山大橋や河川敷を利用したグランド等が見えてきます。城山公園・小山御殿広場は、国指定史跡の小山氏城跡の一つ、祗園城跡の一部からなり、桜まつりの会場として四季折々の自然に触れる場として市民に親しまれています。近くには小山氏城跡の一つ、鷲城跡が点在しており、小山市の歴史が堪能できる場所です。

周辺の見どころ

国指定史跡小山氏城跡 鷲城跡 祗園城跡 中久喜城跡

問合せ先

小山市教育委員会文化振興課
〒323-8686 栃木県小山市中央町1-1-1 
電話:0285-22-9669